新型コロナウイルス対策に追われる風俗業界の対処法とは・・・?

news

新型コロナウイルスの影響は風俗業界で深刻に

風俗店の苦境の現状
コロナの感染が拡大する中、3月末には首都圏・大阪で各知事から不要不急での外出自粛が要請されました。 この要請で外食産業は大打撃を受けており、風俗店もその例に漏れません。 特に風俗店、はコロナ対策として掲げられている「濃厚接触」をする可能性が高く、敬遠される傾向が非常に強くなっています。
風俗もインバウンド需要に依存
りそな総合研究所はコロナの影響で、2月から6月にかけてインバウンド消費額が約9800億円減少することを試算しました。 また日本政府観光局によると、インバウンド需要の3%は娯楽が占めており、風俗店もインバウンド需要の恩恵を受けています。 日本人の節約志向が目立つ中、風俗店はインバウンド需要に依存し続けてきました。その結果、コロナでインバウンド需要が見込めなくなった現在、その影響を回避できない状況になっています。

濃厚接触が不可避なため来店自粛が相次ぐ

厚生労働省は2メートル以内で一定時間以上接触があれば、濃厚接触となると発表しています。 風俗店において濃厚接触を回避するのは不可能で、感染リスクが高いため、来店を見合わせるケースが相次いでいます。 欧州・中国への渡航歴のある人や外国人の来店を断るなどの手を打つ風俗店もあります。しかし、日本国内で感染拡大している中で効果は薄く、客足の回復には至っていません。

風俗嬢は業務委託がほとんど

風俗嬢は個人事業主として、業務委託として契約していることがほとんどです。業務委託は個人売上が好調な時は稼げますが、一転売上が減少すると収入も減少します。 そしてコロナの影響で、出勤できない、指名が取れない風俗嬢が急増しています。 客足が遠のけばもちろんお店は打撃を受けますが、業務委託である風俗嬢も同等に打撃を受けているわけです

失業保険は出ず転職も難しい

正社員やアルバイト・パートであれば、コロナの影響で解雇されても、雇用保険に加入しており、一定の条件を満たしていれば失業保険が出ます。 しかし、業務委託である風俗嬢は雇用保険の加入がなく、失業保険を受けることができません。 そのため、転職活動中には収入がゼロになり、転職も難しい状況です。

風俗嬢は生活が困窮しているケースが多い
シングルマザーや親の介護などで、仕方なく風俗嬢になったという人が多いです。 風俗嬢は一定の人気が出れば、短い勤務時間で稼ぐことができます。そのため、育児や介護で長時間の勤務が難しい人でも、風俗嬢で生活を維持できていました。 しかし、コロナの影響で生活困窮しているケースが非常に多くなっています。生活が立ち行かず風俗嬢になった経緯を考えれば、生活困窮を避けられないのは明白だといえます。

風俗嬢のお金が流れるホストクラブへの影響

ホストクラブに通っている風俗嬢は非常に多いです。ホストクラブで使うお金を稼ぐために、風俗嬢として働いている人も一定数います。 しかし、コロナの影響で風俗嬢は生活困窮しているのが現状です。その中で、ホスト通いをやめる風俗嬢が多く、ホストクラブもまた多大な影響を受けています。 コロナの影響は風俗店、夜の街に多大な影響を及ぼしています。客足が戻り、風俗店や風俗嬢に日常が戻るのは、インバウンドや個人消費が回復する頃でしょう。その回復の目処はまだ立っていないのが現状です。」
(以上引用 : ビズキャリonline https://business-career.jp/articles/YYClixiG2oT6Ofv5OhFL)

新型コロナウイルスが流行し始めて4ヶ月ほどが経過した。ニューヨークでは住民に邪移出を控えるように求められていたり、パリでは外出を制限したり集会が禁止されている。ロンドンでも不要普及の外出が制限されいている。

新型コロナウイルスの発祥となった中国武漢では、現在は感染者がほとんど確認されていない状態で、封鎖が事実上解除されたものの、一時は公共交通機関の運行を停止したり、駅や空港を封鎖するという事態に陥った。

世界ではこのようにコロナウイルスにより様々な制限がかけられている。日本でも休日に県外への外出が制限されたり、花見の自粛要請も出されている。コロナウイルスにより日本のお笑い文化を支えてきた著名人も息を引き取ったというニュースも記憶に新しい。

コロナウイルスにより様々なことが制限され、経済は大打撃を受けている。風俗業界もコロナウイルスの影響を大きく受けているようだ

コロナウイルスの国内での感染者が確認された初期の頃、フィリピンパブが感染経路の一つとして上がっていた。風俗業界はサービスの性質上、客と嬢が密着するという状況が多く、そうしたことが感染拡大を助長している。

こうした背景もあり、風俗業界は今コロナウイルスにより窮地に立たされている

風俗嬢は生活が苦しいことが多い。そこに追い討ちをかけるように今回のコロナが発生した。ここ数年日本の自殺率は低下傾向にあったが、今年は自殺率が上昇しそうだ。

コロナの影響を受け、風俗店も様々な対策をとっている。例えばポータルサイトに体温を測定している動画をアップして、コロナに感染していないことをアピールしたり、感染率が高まるとされているリップサービスは行わないかわり、料金を割り引くといった対策が取られている。

こうした対策を取ることで売り上げを上げているお店や風俗嬢もいることは事実である。

コロナウイルスは考え方によっては一つお店を盛り上げるきっかけになるのではないだろうか。

性風俗の場合、普段から性病は切っても切り離せない関係にあるので、検査を徹底している店は多い。そうした店は検査を入念に行っているということをアピールするチャンスではないだろうか。

また、恐らく今世界で蔓延しているコロナウイルスも終息の時を迎えると思われる。コロナウイルスが終息した時にはこれまで我慢してきた風俗に行きたいと考えていた客も、風俗に足を運ぶようになるだろう。

コロナウイルスが落ち着いた時には風俗業界は恐らくこれまでの反動で盛り上がりを見せるだろうと考えられる。

コロナで世界中が疲弊している中、風俗は男にとっての癒しの一つである。感染が拡大しない形でうまく対策を取り、風俗業界が盛り上がるように舵取りしていきたいところである。

(文章=TKG)