エロスの殿堂!大阪・東心斎橋のハプニングバー「アバンティ」はこんな店

ハプニングバーは初めて出会った女の子と、その場でセックスできる夢のような場所です。そんな話が本当にあるのか?

と思ってしまいますが、ハプニングバーでは少しも珍しいことではありません。

 

ハプニングバーは、特殊な性癖を持った人が夜な夜な集まる場所です。そこでは、普通の常識では考えられないような、アブノーマルな痴態が繰り広げられています。アブノーマルな性癖を満たしたければ、そういった風俗もあるでしょう。

 

たとえば、SMなどがそうです。しかし、風俗は仕事ですから、お客と性的な行為をしても、風俗嬢は少しも楽しくないでしょう。しかし、ハプニングバーの場合は、女性も好きでやってきているのです。ハプニングバーと風俗は、この点が大きく違っています。

 

つまり、アブノーマルなプレイを仕事で嫌々やるのではなく、女性もアブノーマルを楽しんでいるのがハプニングバーなのです!

女性も本気でアブノーマルを楽しんでいるから、男性もなお一層楽しめるのがハプニングバーの醍醐味と言っていいでしょう。男性も女性も本当に性欲を剥きだしにできる場所。

 

それがハプニングバーだから、どんな遊びよりもハマってしまう人が多いのです。人と違う性癖を持っている人は、普段はその性癖を隠して生きています。たとえば、女装したい男性などはその典型と言っていいでしょう。

 

女装の趣味が、会社や家族に知られたら大変なことになってしまうので、それを隠して生活しています。でも、本当の自分をさらけ出せないのは苦しいですよね?

しかし、ハプニングバーなら誰でも、自由に自分をさらけ出すことができるのです。

 

普段隠している、自分の本性を思い切りさらけ出せる場所。そこは、その人にとって天国ではないでしょうか。ハプニングバーはそんな店なのです。

 

アバンティとは

大阪・東心斎橋のアバンティはちょっと変わった店で、公式サイトを見ても詳しい住所が載っていません。載っているのは「〇丁目」まで。その場所から店に電話すると、詳しい場所をショートメールで送ってくれるというのが、アバンティのやり方です。店に行く前から、ちょっと秘密めいていて面白いですよね?

 

ショートメールを頼りに行ってみると、たどり着いた場所はとってもオシャレなバーでした。しかし、店内をよく見ると、SMグッズやアダルトグッズがズラリと並んでいます。しかも、店内には縄なども置かれているので、SMグッズはただの飾りではなくかなり本格的なものです。

 

店に入ってどうしていいかわからないでいると、オーナーが私を数人の男女のグループに紹介してくれました。男4人に女2人のグループでしたが、女の子は2人とも20代なのに、男は50代から30代までまちまちでした。みんな会社の同僚か何かみたいに、和気あいあいと談笑していましたが、全員初対面だというからビックリ。みんなオーナーの紹介で、1人ずつ増えていったのだそうです。

 

「あんた初めてか?」

 

50代の男が話しかけてきます。

 

「はあ、そうです」と答えると、「さよか、遠慮せんとこっちきい」と手招きしてくれました。他のメンバーもにこやかに迎えてくれたので、一気に緊張がほぐれました。

 

「なあ、この人お笑いの誰かに似とらへん?」

「どれどれ」

 

女の子の1人が言うと、メガネをかけたもう1人の女の子が私の顔を覗き込みました。

 

「あー、似とるけど名前が思い出せへんなぁ」

「そやろ。私も思いだせへんのよ」

 

そう言って、2人はまるで昔からの友達みたいに肩をたたきあって笑い転げます。

 

「そうやなあ。誰かに似とるなあ」

「ほんまや。でもわからん」

 

男たちも話に加わってきて、交互に私の顔を覗き込んでいます。何だかおかしな流れになってきましたが、おかげで私はすっかり彼らの中に溶け込むことができました。

 

すごい!

 

ハプニングバーって、一瞬で仲良くなれるんですね!

 

「ほんで、兄さんの趣味はなんや」

 

40がらみの、ちょっと頭の薄い男が話しかけます。

 

「趣味は鉄道模型で・・・」

「あほか。ここでそんな趣味言うてどないする」

 

50代の男が言うとみんなドッと笑いました。「みんなで、どんな体位が好きか話してたとこや」メガネの子が言うと、「そやわ。あんたの趣味知りたいわ」と、もう1人の女の子が前に乗り出してきました。

 

メガネの子が続けます。「でもなあ、正常位とかバックとか、ありきたりなのはだめ。もっと変わったやつやないとおもろない」そこで私は、「ほなら、松葉くずしはどやろ」と言ってみました。すると、「へぇー」と、ちょっとしたどよめきが起きました。

 

「なあ、松葉くずしってどうやるん」

 

メガネの子が聞いてきます。

 

「えっと、どう説明すればいいかな」

 

私が困っていると、「説明はええけ、ちょっと私にやってみて」とメガネの子。

 

「私と松葉くずしやるんやったら、私はどないすればええ?」

 

そこで私は、松葉崩しのやり方を説明しようとしました。

 

「まず、両足を伸ばして、それから後ろに手をついて・・・」

「なんやようわからん。兄さん、ちょっとやってみてんか」

 

メガネの子は言い終わらないうちに、スカートとパンティを脱いで下半身裸になりました。

 

「兄さんも脱ぎいな」

 

メガネの子が私のズボンに手をかけ、器用にベルトを外して脱がせます。

 

松葉くずしを実践

「兄さん、ええもん持っとるなあ」

 

50代の男が言うと、女の子2人が意味もなく拍手をしました。私はメガネの子を両足を開いて座らせ、尻を少し浮かせてその下に私の片足を通し、お互いの股間を近づけてペニスを挿入しました。

 

「どうや、ええか」

 

50代の男がメガネの子に聞きます。

 

「なんや知らんけど、妙なとこに当たるなあ」

 

メガネの子はそう言って、かすかに喘ぎ声をあげました。私たちがセックスを始めると、それを見ていた4人の男が、一斉にもう1人の女の子に群がりました。女の子はすぐに押し倒され、「ちょっと待ちいな、いっぺんには無理やて。順番やで~」と言い終わらないうちに、最初の男に挿入されてしまいました。

 

「ううん、あっ、あっ、やぁっ」

 

女の子はすぐに喘ぎだし、背中を硬直させてのけ反ります。

 

「私も普通にやりたい」

 

メガネの子がそう言って大の字に寝たので、私はすぐに覆いかぶさって、一度抜いたペニスを膣の奥に突き入れました。メガネの子は私の背中に腕を回し、ギュッと抱きついて「おおう、おおう」と野太い声で喘いでいましたが、やがて首を激しく左右に振り、全身を痙攣させて絶頂しました。私が射精すると順番待ちしていた男が、イッたばかりで小刻みに震えるメガネの子に覆いかぶさりました。

 

まとめ

アバンティはオーナーが優しくて、いろいろと気配りしてくれるので、単独で行ってもこんなオイシイ思いができます。もちろん、女の子もセックスが目的で来ているので、すぐに乱交が始まります。女の子にモテなくても、この店ならやれる確率が高いのでおすすめですよ!