女子はsexで本当にイク!本気でイクときの特徴とイカせる方法

cropped view of man undressing sexy girlfriend lying on bed isolated on black

Vを見ていると、「イクイクイク――――!!」と女優さんが叫んだり、プシャ―――ッと盛大に潮をふいたりします。でも、実生活でそんな女の子に出会ったことはありますか?

たぶん、ないと思います。

あれはいわば、TVショー。観客に分かりやすく伝えるために、女優も男優もオーバーなリアクションをとるのです。普通の女の子がイクときの反応は、「え、それ??」と思うくらい地味で分かりにくいものです。

今回は、一般の女の子が本気でイクときの特徴や女の子をイカせる方法をまとめてみたいと思います。

女の子の「イク」とはどういうことか

男性はイクときに射精をするので、女の子の潮吹き=イクと思っている男性もいるようですが、女の子のイクと潮吹きはまったく関係がありません。潮吹きのポイントを探り当て、そこを愛撫し続ければ生理的な反応で出てしまうものなのです。

実際、私も昔、つきあっていた男性が「どうしても潮を吹かせてみたい」というので、チャレンジしたことがあるのですが、なんか出そう……という感覚で、おもらしに近いような変な感覚でした。

しかも、潮吹きをしたことにより、彼が「今日も吹かせるぞ!俺ってテクニシャンだな~」と豪語し、毎回激しく手マンしてくるようになり、それが苦痛で別れました……。

一方、イクというのは、気持ちいい――の頂点です。

イクというよりも、感覚的には『来る』という感じ。実際、イランやレバノン、アメリカなどでは女性は喘ぐときに『いく』ではなく『くる』という言葉を使います。

イク瞬間は、頭が真っ白になり、あそこがギューッと締まります。そしてビクビク動きます。

 

女の子がイクときの特徴

女の子がイクときの特徴は以下のようなものになります。

膣がギューッとしまる……これは有名な話。挿入中、彼女のあそこがギューッと締まってきたら、イッた証拠です。しかし、中にはわざと膣を締めて「イッちゃった」と言う子もいるので要注意です。膣をしめるのは、お尻に力を入れれば簡単にできるので、女の子が演技しやすいのです。

足のつま先がピーンと伸びる……足ピンオナニーという言葉があるように、足をピーンとさせるとイキやすくなります。

呼吸が止まる……本気でイクときには、意識を集中しすぎて呼吸を忘れるという女の子もいます。呼吸を忘れてしまい、「ッハアハア!!」と突然、荒く息をしはじめたら、それはイった証拠かもしれません。

喘ぎ声が高くなる……本当にイク直前は自分を制御できないもの。可愛らしく喘いでいた女の子が、眉間にしわを寄せながら「アッアッ!!」と高い声を出し始めたらそれはイク直前のサインです。

鳥肌が立つ……自分の意思ではコントロールできない現象のひとつ、鳥肌。女の子の中には、イったときに鳥肌が立つ女の子もいるようです。

太ももがびくびくする……イクときには体に力が入るので、イったあとは反動で脱力します。そのときに太ももがびくびくと痙攣する子もいます。

このほかにも、『イッた直後は触られるのを拒否する』という特徴もあります。

これは男性の皆さんも思い当たるのではないでしょうか。射精した後に続けて触られると、くすぐったいような感覚で「やめて!やめて!」と言いたくなりますよね。それと同様に、女の子が焦った様子で「待って、動かないで!」と言ってきたときには、言葉に出さずともイってしまったことがわかります。

 

女の子をイカせる方法

AVのような激しい手マンや激しい挿入は、女の子に不評です。

じっくりクンニされたり、指で優しく中を刺激されながらキスされたり……と、ソフトタッチで気持ちよさを持続されたほうが、女の子は安心してイキやすいのです。

まずはクンニの基本をマスターしましょう。

女性にとってのおちんちんがクリトリスだから、クリトリスを攻めろ!」と言う人もいますが、それは当たっているようで外れています。クリトリスはとても敏感なので、激しく吸われたり、つつかれたり、過度に攻められると痛みを感じてしまうのです。

クンニの時には、舌を尖らせるのはやめましょう。力を抜いて、やわらかい舌を作っておきます。

そして、点ではなく、面で舐めることを気を付けます。唾液ではなく、愛液でぬるぬるになるまで、ゆっくり面で舐めましょう。クリトリスを舐めるときには、唇を密着させて優しく吸います。女の子が気持ちよさそうだったら、舐めながら指を入れるのもよいでしょう。しかし、そのときには最初から2本も3本もいれてかき回すのはNG。「もっと……」と女の子が腰をくねらせるくらいソフトなタッチで良いのです。

次に挿入ですが、男性の中には、根元まで入れて、先端まで抜いてまた根元にずぼっと刺すことを繰り返す人がいますが、あれは痛くなるのでやめましょう。男性は気持ちよいかもしれませんが、女性をイカせるおもてなしセックスをするなら、挿入したら静止しているだけでも良いくらいです。キスをしながら、時間をかけて奥をそっと突いていきます。

コツは、正常位なら、女の子の腰をちょっと浮かし、挿入角度が下からぐっと突き上げる形にすることです。

これにより、女の子のGスポットにペニスがまっすぐに向かうことができます。長時間腰を浮かせるのは大変なので、マクラやクッションを腰の下に挟んであげましょう。騎乗位の場合は、女の子に後ろに手を突いてもらい、背中をそらしてもらいます。この恰好もGスポットがあたりやすい角度です。

まとめ

女の子をイカせる方法をご紹介しましたが、テクニックに自信がない方は、おもちゃを使ってみるのもおすすめです。ローターや小型のバイブなど、使ったことのない女の子はそのあまりの気持ちよさにあっという間にイッてしまうでしょう。

おもちゃ選びのコツは、小型のものを選ぶことです。大きなバイブは使い方が上手じゃないと痛みを感じやすいので注意しましょう。

おすすめは、細いバイブです。クンニをしながら細いバイブで膣を刺激してあげることで、ぐっとイキやすくなります!中で動かさなくても、その振動でかなり気持ちよくなれるのでおすすめです!