女性のオーガズムを徹底解剖!イク瞬間にどうなる?演技の見分け方は??

女性とセックスをしていると、気になるのは本当にその女性が気持ちいいのか、本当にイったのかどうか、ではないでしょうか。

女性はイったふりをしたり演技をするとよく言われますよね。もしかすると気持ちよさそうにしているけど本当はあまり気持ちよくないのかな、なんて考えてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、女性のオーガズムの仕組みについて解説しながら、女性がイク瞬間にはどのような変化が起こるのか、演技かどうかを見分けるにはどうすればいいのかを紹介します。

 

オーガズムはどうやって起こる? 

女性が本当に気持ちいいかどうかを見分けるためには、まずは女性が「イク」というのはどういうことかを知る必要があります。

まずは女性がオーガズムを迎えるメカニズムについて解説します。

 

・女性は性的快感を脳で感じると言われている

男性の場合、性的快感を亀頭やペニスで感じるかもしれません。

しかし女性の場合は男性と性的快感の感じ方が違い、脳で感じると言われています。

 

男性と女性とでは脳の構造が違い、女性の方が右脳と左脳の連携が強いというのは有名な話ですね。このことが、女性は脳で性的快感を感じる理由として考えられています。

 

こうしたことから、体への刺激も必要ですが、女性が心地よいと感じるように声をかけてあげたり、雰囲気を整えてあげて女性をリラックスさせることがとても大切です。

 

セックスのテクニックを磨くのも大切ですが、そもそもセックスの雰囲気がよくないと女性をイカせることはできないので、まずは雰囲気を大切にしてあげましょう。

 

・クリトリスの刺激が必要なことが多い

女性にはクリトリス以外にもポルチオやGスポットなど有名な性感帯がありますが、これらの性感帯を単体で刺激するより、クリトリスと一緒に刺激してあげた方が、女性はオーガズムに達しやすいです。

 

というのも、ポルチオやGスポットは膣内にある性感帯で、開発されていないという女性がかなり多いからです。ポルチオやGスポットで感じることはできても、イクところまでは開発されていない女性が大部分なのです。

 

一方クリトリスは膣の外側にあり、感覚神経も多く集中しています。そのためほとんどの女性がクリトリスではイクことができます。

 

ポルチオやGスポットを刺激しながらクリトリスを触ってイカせてあげることは、ポルチオやGスポットの開発にも繋がるので、挿入しながらクリトリスも刺激してあげましょう。

 

イク瞬間には女性はどうなる?? 

女性は主に脳で性的快感を感じます。またクリトリスをしっかり刺激してあげないと女性はイキにくいと言われています。まずはこの2つを意識したいところです。

 

この2つを意識しながら次に意識したいのが、女性が本当に気持ちいいのかどうかです。女性は気持ちよくなくても演技をすることがあるので、ここをしっかり見極める必要があります。

 

どのようにして演技かどうかを見極めるといいのでしょうか。

 

・喘ぎ声が自然かどうか

女性は感じている時にできるだけかわいい喘ぎ声を出そうと意識している場合があります。

そのように意識していると、喘ぎ声を出すタイミングが一定だったり、単調な喘ぎ声に聞こえます。

 

女性がそのような喘ぎ声をしていると演技の可能性が高いです。特にペニスを突くタイミングで「あんあんあん」と喘ぐような喘ぎ方はほぼ演技です。

 

逆に演技ではない喘ぎ声は、不規則に少しだらしない声での喘ぎ声です。本当に感じている時にはかわいい声を出したりタイミングを見計らう余裕がありません。なので、「あ゛っ、あん、あぁぁぁあ」のように不規則で作っていない声で喘ぐことになります。

 

・肌や頬が赤くなっているか

女性は感じていると血行がよくなります。

血行がよくなると、皮膚が薄く、血管がよく通っている頬が赤く染まっていきます。

中には全身の肌が赤くなっていくという女性もいます。

 

頬を見て赤く染まっていればその女性は本当に感じていると言えます。

 

ただし頬の皮膚が分厚かったりして感じていても頬が赤くならない女性もいるので、頬が赤くならないから感じていない、ということにはなりません。

 

・腰が勝手に動く

突然ですが、射精した後にペニスをしごき続けられたり舐め続けられたことはありますか?

射精の後はペニスに全神経が集中していて、舐められるとつい避けるように腰を動かしてしまいますよね。

 

それと同じで、女性が本当に感じている時は、逃げるように腰を動かします。そのような仕草をしているとかなり感じている証拠です。

 

また腰を反らせるような仕草も、女性が本気で感じている時に見せる仕草です。このような仕草をしている時はかなり気持ちいいところを刺激しているので、しっかり腰を掴んで逃さないようにして、そのまま続けてあげましょう。

 

・足腰に力が入る

気持ちよくてかなり感じていて、もうすぐでイキそう、という時には、女性は足や腰周りに力がグッと入ります。

 

得に太ももの筋肉やお尻の筋肉がギュッと引き締まるので、お尻や足を触りながらペニスを挿入したり愛撫してあげると女性が本当に感じているのかどうかを見極めることができます。

 

イク瞬間にはどう変化するの? 

女性が感じているかどうかを見極めることができたら、女性が気持ちいいと感じている責め方を続けてあげて、オーガズムまで導いてあげましょう。

 

しかしイク時にも女性は演技をします。口ではイったと言っても、実際はイっていなかったということが多いのです。

 

イク瞬間に女性の体ではどのような変化が表れて、イク瞬間を見極めるにはどうすればいいのでしょうか。

 

・体がビクビクと痙攣する

男性の場合、射精した時にペニスがビクビクと痙攣しますが、女性もイった瞬間に体がビクビクと痙攣します。

特に腰周りをビクビクとさせます。

 

体がビクビクするというのはイった瞬間の特徴的な反応なので、多くの女性がわざと体をビクビクさせてイったふりをすることがあります。

 

本当にイったかどうかを見極める方法としては、イク前後に足や腰などに力が入っていたかどうかです。感じていないと足腰にあまり力を入れず、ただ体をビクビクと動かしているだけ、ということがあります。

 

・中がギュッと締まる

女性がイク瞬間には、中がギュッと引き締まることがほとんどです。体を震わせながらもペニスをギュッと掴んで離さないように仲が引き締まったら、それは本当にイったと考えてもよいでしょう。

 

ただし常に中が引き締まっているわけではありません。中を引き締めるのには力が必要なので、常に引き締まっているという場合は、演技で中を引き締めている可能性があります。

 

ギュッギュっと不規則に締め付けていれば、演技ではなく本当にイっていると考えられます。

 

・何かに捕まっている

女性がイク瞬間は、例えば枕やベッドのシーツなど、何かをギュッと握りしめる傾向があります。正常位の場合だとあなたの体を抱きしめることもあります。

 

このように何かにしがみつきながら体をビクビクさせていれば、本当にイったと考えられます。

 

逆に体をビクビクとさせていても、イク瞬間に何も握っていなければ演技のために体をふるわえている可能性が高いです。

 

オーガズムを知り本当に気持ちいいセックスを

この記事では、女性のオーガズムとはどのようなものか、オーガズムを迎えるために必要なことや感じている時やイク瞬間の演技を見極める方法を紹介してきました。

 

多くの女性がセックス中に演技をすると言われています。それを演技と見抜けずにセックスを続けていると、女性からすると気持ちよくないセックスが続き、セックスレスの原因にもなります。

 

女性が本当に気持ちいいと感じるセックスをするために、女性のオーガズムについて知り、演技かどうかを見極めて本当に気持ちいいセックスをしましょう。