お風呂エッチ好きの私が提案するお風呂エッチのメリット

いつものセックスにちょっとだけスパイスを加えたい。そんなときにおすすめなのがお風呂エッチです。とくにラブホテルは大きくてキレイなのが特徴。家の狭いお風呂ではできないプレイもラブホテルなら叶います。今回は、お風呂エッチ好きな私がお風呂エッチの良いところをひたすらプレゼンしていきたいと思います。

 

お風呂エッチのメリット

・喘ぎ声がAVみたいに聞こえる

お風呂場はよく音が響きます。お風呂の中で歌うとすごく上手に聞こえますよね。それと一緒で、喘ぎ声もすごくエロく聞こえます。自分の声なのに自分の声じゃないみたいで興奮するんです。まるで気分はAV女優。彼女が甲高い喘ぎ声をあげたら「すごく聞こえる」「エッチだね」と囁いてあげましょう。ぐっと盛り上がりますよ!

 

・体臭が気にならないので大胆になれる

自分のあそこの臭いにコンプレックスを抱いている女の子にとって、お風呂エッチは救世主!体を洗った直後なら、臭いがしないので大胆になれちゃいます。お風呂に入っていない状態では絶対にクンニされるのはイヤですが、お風呂エッチなら「舐めて舐めて!」と言っちゃいます。彼女がフェラしてくれない場合は、一度お風呂エッチを試してみるのをおすすめします。ボディソープでしっかり洗いっこしたあとなら、「舐めてくれない?」と言ったときに「いいよ」と言ってもらえる可能性がぐんとあがりますよ!

 

・感度があがる

お風呂の湯船に浸かることで、副交感神経が働きます。副交感神経とはリラックスのための神経。副交感神経が働くことで、血液の循環がよくなり、より敏感な体へと変化します。

そのため、お風呂のエッチは女の子の感度があがり、より気持ちよくなれちゃうんです。

 

・アブノーマルなプレイに挑戦しやすい

彼女の失禁する姿が見たい、アナルを開発してみたい、潮を噴かせたい、など、ちょっとアブノーマルなプレイがしたいときにもおすすめです。アブノーマルプレイは、ベッドを汚してしまうのではないか、と女の子は嫌がる場合が多いので、「お風呂ならすぐ流せるし!」と誘ってもらえればOKしてもらいやすくなります。

 

・剃毛プレイもできる

剃毛プレイとはあそこの毛を剃るプレイのこと。19世紀ごろ、盲腸の手術を行う際の準備として、看護師が患者の陰毛を剃るようになったのですが、この行為に興奮する人たちが女駆出し、プレイとして広まったと言われています。

好きな人に陰毛を剃られることで、やられる側は恥ずかしい気持ちが高まり、興奮しますし、剃る側は、「この恥ずかしい姿を知るのは私だけ」と所有欲が満たされます。あとに行うセックスもパイパンで行うので、いつも毛で隠れていたクリトリスも丸出し状態。挿入もより深く行うことができます。

ちなみに、剃毛プレイを行う場合は、最初にハサミである程度毛の量を減らしてからおこなうとよいでしょう。また、男性の毛を剃る場合は、冷水を玉袋にかけてから行うと、伸びている玉袋が縮むので、剃りやすくなります。

 

・ローションでぬるぬるプレイが楽しめる

ベッドでローションをたっぷり使うと、ベッドがぬるぬるになってしまって、終わった後に寝るのが気持ち悪くなりますよね。ぬるぬるプレイを楽しみたいけど、ベッドが汚れるのはイヤ……。そんなときにおすすめなのがお風呂エッチです。お風呂の醍醐味はなんといっても、びしょびしょになれること。

また、ローションがなくてもボディソープを使えば2人でぬるぬるプレイが楽しめます。

ただし、膣の中にボディソープでぬるぬるにした指を入れるのはNG。膣の中は粘膜なので、ボディソープを入れられると腹痛を起こしたり、炎症する場合があるのです。ペニスはOKなので、女の子にぬるぬるにしたおっぱいで挟んで刺激してもらったりして楽しみましょう。

 

お風呂エッチの注意点

・水分補給を忘れずに

お風呂に入ると汗をかくので、水分不足に注意しましょう。水分不足でセックスを楽しんでいると、ふらっと貧血が起こる可能性もあります。いつでも水分を補給できるように水やスポーツドリングが入ったペットボトルを用意するとよいでしょう。

 

・床で滑らないように注意する

とくにローションでぬるぬるプレイをしたあとは、足元が滑りやすくなっています。シャワーで流してもローションのぬるぬるは残りやすいので、転倒に気を付けましょう。

 

・お風呂の外ではセックスしない

お風呂の外で正常位や騎乗位で入れるのはNGということ。お風呂の外で正常位で入れると、女子側は床がひんやりして気持ちよさに集中しづらいですし、男性は膝がこすれて痛くなります。過去に私も挑戦したことがありますが、床の冷たさや固さはなんとか我慢できたものの、「痛い!痛い!」と彼が悲鳴を上げました。

お風呂の外でセックスする場合は、立ちバックがおすすめです。とくにおすすめなのは鏡のある部屋での立ちバック。バックはお互いの顔が見えませんが、鏡を使えばいやらしい姿が丸見えです。お風呂に大きな鏡がついている部屋は少ないですが、洗面所ならあるはず。一度お風呂の外に出て立ちバックで挿入し、楽しんだ後にまったりお風呂に浸かるのも良いですね。

 

・お湯の温度をぬるめにすること

気持ちイイお風呂エッチですが、お湯の温度が高いと我慢大会になってしまうので注意しましょう。お湯の温度はぬるいくらいがベスト。38°くらいにしておきます。お湯の温度が高すぎると、いちゃいちゃしているうちにのぼせてしまいますし、セックスで体をうごかしているうちに貧血になる恐れもあります。

 

さいごに

楽しいお風呂のイチャイチャエッチですが、ひとつ難点もあります。それは『コンドームをつけ忘れてしまいがち』なこと。お風呂でいちゃいちゃしているうちにお互い盛り上がり、そのままエッチに突入した場合、いざ挿入の場面でコンドームがなく、そのまま生でしてしまう可能性も高いです。

生でしたい場合はそれでも良いですが、もし彼女が妊娠してしまった場合は大変です。

責任が持てない場合は、かならず洗面所にコンドームを運んでおきましょう。一瞬の快楽で一生が決まってしまうのは大変ですから。