うざい。察してください!女子が本気で嫌がる男性のアプローチ

男女の関係って難しいですよね。とくに日本は「察して」の文化。

「今日は楽しかったです!また会いましょう!」「はい、もちろんです!また近いうちに!」なんて言い合って別れても、翌日からLINEの返事がなかったり……。

それでもめげない男性は「どうして連絡くれないの?」「おーい」「スマホ壊れてる?」なんて追い打ちをかけちゃういがちなのですが、それをすればするほど、どんどん女の子は離れていってしまいます。

そこで今回は、女子が本気で嫌がっている男性からのアプローチをまとめてみることにしました。

 

ひたすら褒めるだけ

女の子に気に入ってもらおうと、とにかく褒める男性がいますが、何度も何度も褒められるだけだと、女の子はリアクションに困ってしまい、「うざいなあ……」と思ってしまいます。

それと同様に、とにかく話にへたくそなツッコミを入れる人も嫌われます。キャバクラ慣れした男性に多いのですが、「全然そんなこと思ってないでしょ!」とか「○○ちゃん、いま話聞いてなかったでしょ!」とか「目が死んでるよ!」などとツッコむ行為は嫌われます。

 

断っても断ってもしつこくデートに誘ってくる

「女の子の気持ちが分からない」と嘆いている皆様。女の子も実は「この人いいな」と思えば、その反応はわかりやすいです。例えば、「今度遊ばない?」と言われたときに、都合が悪かった場合は、「うわー、その日都合が悪いんです……」と言った後、「また誘ってください!」と言ったり、「〇日はどうですか?」と代替案を出します。あなたとデートをする気がなければ「また誘ってください」とは言わないです。分かりづらいのは「そのうち」とか「お互いの都合の良い日ができたら!」というものですが、これは断りの文句です。気になっている男性に「そのうち」「いつか」「お互いが都合が良ければ」という言葉はでてきません。なぜなら、気になる男性のためなら、都合は自分で調整するからです。

2回誘ってみて、既読がつくのがとても遅かったり、「ごめんなさい」と断れた場合は、立て続けに相手を誘うのはやめましょう。相手の女の子はほかの友達に「この人、全然空気読めない!」と愚痴っているかもしれません。

 

質問が答えにくいもの

LINEの返信が遅れると、答えにくい質問をしてくる男性がいるのですが、本当に返信しづらいです。たとえば「そんなに忙しいの?LINE見る時間もないんですか?」とか「俺、なにかしちゃった?」などというもの。女の子もさすがに「迷惑です」とか「あなたのことをあまり好きじゃないからLIMEを見ないんです」とは言えません。たとえ、彼女が年下であろうと、部下であろうと、このように追い込むような質問はしないでほしいです。

 

つきあってもいないのにプライベートな質問をしてくる

これは私の友達の話なのですが、いいなと思っている男性とチャットしていたら「今まで何人と付き合った?」と聞かれたそうです。その質問も唐突であまりいい気はしなかったものの答えると、「週何回セックスしてた?」と聞かれたそう。その後も「○○ちゃんはエッチな子なの?」「○○ちゃんは週何回が理想?」などエロい質問のオンパレード。「きもちわるいんだけど、ブロックしていいかな?」と私に相談してきたので、「当たり前じゃん!」と答えました。

これはさすがにやりすぎですが、たとえば「この写真の男性って元カレ?」とか「男の友達ってけっこういるの?」という質問も「なんで答えなきゃいけないの……?」とイヤな気持ちになるので引かれるポイントです。また、私が実際に体験した話としては、まだ仲良くなっていない段階であれこれ聞いてきて、「大学を卒業後、すぐに実家に帰りました」と言ったところ、「それは金銭的な理由で?」とすかさず聞かれたのですが、そのデリカシーのなさに一瞬で恋が冷めました。

彼女のことを知りたいあまりに聞きたいことがいっぱいあるかと思いますが、質問魔になってしまうと、彼女はあなたに引いてしまいます。

質問をするときは、まず自分のことを話し、相手に質問し、その答えについて反応して、自分の意見を言う、などコミュニケーションを意識して行いましょう。大事なのは質問の答えを聞くことではなく、「彼女の好感度を上げること/自分に興味を持ってもらう」ことです。それを念頭に置けば、おのずと質問の内容も変わってくるのではないでしょうか。

 

「次のデートはお泊りね!」などと何度も言う

本人はジョークのつもりなのかもしれませんが、「次はセックス!」みたいなことを宣言されると引いてしまう女の子は多いです。次はセックスしたいと思っていても、「次は俺の部屋ね!」とか「次はお泊りね!」とプレッシャーをかけることは言わないほうがベターです。

どうしても次は家に呼びたいというときは、「俺、家にDVDがけっこうあるんだ。今度俺おすすめの映画を見ない?」や「俺、最近居酒屋料理を家で再現することにハマってるんだ。今度おつまみ作るから、採点して笑」といったように、セックスがしたいのではなく、あなたと家で楽しみたいという提案をしましょう。もちろん、女の子も「家にいったらしちゃうかも」と思っていますが、あえてそこには触れないで「いきたい!」と答えます。

 

周囲に彼女が好きだと触れ回る

友達に協力してもらおうと、いろんな人に「○○ちゃんが好き!」と触れ回って、外堀を埋めようとする行為にドン引きしている女の子は多いです。交際に発展するか否かは本人たち次第。周りに触れ回るのではなく、彼女自身にアタックするほうがずっと好感をもたれます。

 

返事をしていないのにガンガンチャットを送る

私はいま婚活中なのですが、LINEを交換したとたん、1日何通も近況報告のチャットをしてくる人に疲れてしまいました。チャットはコミュニケーションツール。一方通行のチャットは、相手に恐怖さえ感じさせてしまいます。彼女からの返信がない、または「なるほど」「そうなんですか」「すみません、忙しくて」などの消極的なLINEがちょっと返ってくる程度の場合は、いますぐ報告チャットを中止したほうがよいでしょう。

 

さいごに

女の子は直接、あなたに「ここをやめて!」と言わずに、笑顔でフェードアウトしていきます。一度目のデートにはこぎつけられるけど、2度目はなかなかかなわないという人は、一度アプローチ方法を振り返ってみてください。一度避けられてしまった場合は、ぴったり連絡を絶って、半年後や1年後など、女の子の記憶からあなたのイヤな部分が薄れたときに再チャレンジしましょう。