彼女を乳首が敏感な女に育てよう!乳首でイクようになると女はこんなに変わる!

愛する自分の彼女や奥さんを、もっと気持ちよくさせてやりたいと、考えている男性は多いのではないでしょうか。女性の体は全身が性感帯だと言われます。しかし、最初から全身どこでも感じるわけではありません。

 

代表的な女性の性感帯は女性器と乳房ですが、乳房の中でも乳首を開発すると「乳首イキ」が可能になることを知らない男性も多いようです。愛する女性を、乳首イキできるように開発する方法を解説しましょう。

 

乳首を開発する

女性の体の中で、乳首が敏感な部分であることは多くの男性が知っています。しかし、乳房や乳首はセックスの前に愛撫するだけで、本気で責める場所ではないと思っていないでしょうか?

 

確かにセックスの本丸は女性器ですが、乳房を愛撫したり乳首をいじるだけで女性がイクようになると聞いたら、試してみたくなるのではないでしょうか。クンニで女性をイカせたり、挿入してイカせた経験はあっても、乳首でイカせた経験のある男性はほとんどいないはずです。なぜなら、乳首でイカせるのはあまり一般的な方法ではないので、そんなことは考えたこともないからです。

 

だからこそ、乳首イキさせるテクを身につけると女性に喜ばれます。なにしろ、これまで経験したことのないイキ方ができるわけですから。乳首でイクのと他のイキ方とどう違うのか、男性にはよくわかりませんが、乳首でイカせるテクを持った男性にかかると、女性は激しく絶頂するようになります。

 

どうして乳首イキは激しく絶頂するのでしょうか。人間の体は先端にいくほど神経が集中する構造になっていますが、どうもこれが乳首イキと関係しているようです。というのは、両手両足の指先が体の先端なのですが、同様に乳首も体の先端だからです。つまり、乳首も神経が集中する部分であり、敏感な部分なのです。

 

多くの男性が挿入前に女性の乳首を愛撫します。乳首の愛撫は口をつけて吸ったり指ではじいたりしますが、これを時間をかけてやるだけでも乳首イキができるようになります。しかし、ほとんどの男性は、ある程度乳房と乳首を愛撫したらすぐ下半身の愛撫に移るので、乳首イキできる体質にならないのです。ここはひとつ、乳首の愛撫に専念して、愛する女性を乳首イキできるように開発してあげましょう。

 

パチニ小体を開発すると乳首イキする

乳首が感じるのは「パチニ小体」という感覚神経によるものです。

パチニ小体は皮膚を押された感覚と振動を感知する感覚神経で、膵臓や関節のほか、乳首の奥にもあります。この奥まった場所にある神経を覚醒させれば、乳首を敏感にすることができます。

 

乳首の奥にあるので刺激しにくいのですが、乳首を吸って引っ張ったり舌先でグリグリ押したりすると、パチニ小体まで刺激が届きます。ただ単に乳首を刺激するだけでなく、乳首の奥にパチニ小体があることを、意識しながら愛撫するほうが効果的です。

 

乳首イキしやすい女性とそうでない女性がいるのは、パチニ小体までの深さが関係しているようです。パチニ小体までの深さには個人差があり、比較的浅い部分にあると刺激が届きやすく、深い部分にあると届きにくくなります。

 

基本的な乳首愛撫の方法

女性の中には、「乳首イキなんかできるわけがない」とか、「乳首でイケるのは一部の女性だけ」と思っている人が多いようです。

男性の中にもこう思っている人が多いから、自分の彼女や奥さんを乳首イキさせようとは思わないのでしょう。つまり、初めから「乳首イキなんか無理」と思っているから、そこに目を向けようとしないのです。

 

しかし、どんな女性でも必ず乳首イキできるようになります。乳首に限らず、女性の体を愛撫して気持ちよくさせるには「焦らし」が必要です。そのため、乳首への愛撫は乳輪の外側から舐めながら、少しずつ舌先を近づけていくのが効果的です。

 

多くの男性がいきなり乳首を口に含みますが、これでは乳首イキできる体にはなりません。AVの影響もあって、男性の中には「女性は荒々しい愛撫を好む」と思い込んでいる人が多いようです。しかし、実際はその逆で、多くの女性は優しい愛撫を好みます。

 

また、優しく愛撫しないと性感帯を開発するのは無理なのです。一度開発されたら、あとは乱暴な愛撫でも気持ちよくなるかもしれません。しかし、開発されていない部分を乱暴にされたら、ただ痛いだけですから注意しましょう。

 

まず乳房を愛撫したら次は乳首を吸いたくなりますが、そこを我慢して乳輪の外に舌先をつけ、徐々に乳首に近づけていきいます。ここまでを、最低でも1分以上かけて行いましょう。

しかし、時間をかけすぎると逆効果になります。

 

「いつまで同じことやってるの!」とお叱りを受けますから、長くても3分くらいが限度です。舌先が乳首にたどり着いたら乳首を吸い、今度はもう1つの乳首も同じように乳輪の外側から責めていきます。もちろん、1回や2回では感じるようにならないので、セックスのたびにこれを繰り返して徐々に開発していきましょう。

 

片方の乳首を愛撫している間に、もう1つの乳首も指先でつまんだり弾いたりして愛撫してください。途中で乳首をカリッと甘噛みすると、「あう」と女性が声を漏らすようになるので、そういった「オプション」も加えてみましょう。

 

「最近乳首ばっかりいじるけど、どうして?」もしかすると、彼女からこんなことを聞かれるかもしれません。その場の雰囲気によっては、正直に「乳首イキさせたい」と言ってみるのもいいかもしれません。

 

そうすれば、今後は彼女の協力も得られるからです。ただし、乳首はデリケートなので、愛撫する際は十分注意が必要です。あまり時間をかけすぎると痛くなることがあるので、女性が痛がるようなら無理に続けないようにしましょう。

 

アダルトグッズを使って乳首を愛撫

女性の乳首を開発して乳首イキさせるには、舌や指を使って愛撫するほかに、アダルトグッズを使うのもおすすめです。

 

バイブやローターを使う

アダルトグッズというとバイブやローターが定番ですが、これらを使って乳首を愛撫することができます。また、アダルトグッズではありませんが、電マを使っても効果があります。ただし、これらのグッズは女性器の愛撫に使うものなので、ストレートに乳首に当てないように注意してください。

 

Tシャツの上からやブラジャー越しなど、必ず間に何か挟んで直接乳首にアダルトグッズが当たらなようにしましょう。最初はTシャツより厚めの服の上から行って、徐々に慣らしていくのがおすすめです。心地よいアダルトグッズの振動で、徐々に乳首が開発されていくでしょう。

 

また、バストローターや乳首専用ローターなど、専用アダルトグッズもあります。バストローターは、柔らかいゴム製のブラジャーにローターを仕込んだもので、乳房に心地よい振動を与えます。乳首専用ローターは、乳首を挟んで振動を与えるローターで、ピンポイントで乳首を刺激するアダルトグッズです。どちらも、洋服を着た状態で装着することもできますが、セックス中に装着して1つのプレイとして楽しむこともできます。

 

まとめ

女性の体は全身が性感帯で、乳首を開発すると乳首イキするようになります。これまで、乳首の愛撫はセックスの前に軽く行うというイメージでしたが、乳首を重点的に愛撫して乳首イキできるように開発することも可能です。乳首を開発するには、乳輪の外側からじっくり責める「焦らし」が効果的です。乳首を吸ったり指ではじくなどの普通の愛撫に加え、甘噛みもしてみましょう。アダルトグッズを使ったり、乳房や乳首専用のグッズで感度を高めることもできます。