中イキする女は少ない!連続中イキで女が離れなくなる裏技

男性がペニスを挿入して女性をイカせるのを中イキといいますが、本当に中イキできる女性はあまりいないようです。

オナニーではイケるのに、ペニスを挿入してもイケないというのですから、ちょっと不思議な気がします。しかし、女性も本当は中イキしたいはずなのです。

 

だって、中イキのほうが絶対気持ちいいはずですから。男性が少し工夫すれば、女性を中イキさせられるようになります。女性を連続中イキさせる裏技を公開しましょう。

 

女性のイク感覚とは

女性の中には、イッたことがないという人もいるようです。

セックス経験が少ない女性だけではなく、それなりに男性経験があってもイッたことがない女性もいます。また、「あれがイクという感覚なのかな?」と、あやふやな感じしかわからない女性も意外に多いようです。

 

男性の場合は射精という物理的な現象があるので、イッたかどうかハッキリわかりますが、女性の場合は目で見てわかるわけではありません。そのため、本人もイッたかどうかわからないことがあるのです。女性はセックスに精神的な要素を求めるので、男性と違って必ずしもイクことを重視していません。

 

好きな男性と抱き合っているだけでいいという女性も多く、そこが男性のセックスとは大きく違うのです。しかし、精神的な満足を得られるだけで十分という女性も、ひとたび中イキを経験すると夢中になってしまいます。中イキできれば、精神的な満足に加えて肉体的な満足も得られるのですから、そうなるのが当然でしょう。

 

男性なら誰でも、愛する女性に中イキの気持ちよさを味わってもらいたいと、思うのではないでしょうか。女性を中イキさせるには、ちょっとしたコツがあるので、次にご紹介しましょう。

 

女性は中イキしにくい

女性の中には、男性とのセックスではイキにくい人が多いようです。

しかし、オナニーではほとんどの女性がイケるし、クンニでもイクことができます。これは、アダルト動画を見るとわかります。

 

アダルト動画の中には、個人撮影の動画が数多くアップされていますが、この中で普通のセックス動画を見ても、女性はほとんどイッていません。しかし、オナニー盗撮動画を見ると必ずイクし、クンニ動画では多くの女性がイキまくっています。

 

このことから、ほとんどの女性はオナニーやクンニならイクのに、男性とのセックスではイキにくいことがわかります。つまり、女性の大半は中イキしにくいということです。

 

中イキするとどうなる?

中イキしたことのある女性に、中イキするとどうなるのか尋ねると、こんな答えが返ってきます。

 

「ふわふわした感じ」

「頭が真っ白になって何も見えなくなる」

「気が遠くなって何も覚えていない」

「電気が走った感じ」

「ジェットコースターで急に下がるような感じ」

「何もわからなくなって一気に全身の力が抜ける」

 

男性はこの中の1つも感じることができないので、女性がイクのは男性の射精とは違って、かなり強烈な感覚が体をめぐるのがわかります。ちなみに、女性がイクという感覚には中イキと外イキがあります。中イキとは男性が膣の中にペニスを挿入した状態でイクことで、外イキとはクンニやオナニーなど、中イキ以外の方法でイクことです。

 

もちろん、中イキのほうが激しく深い絶頂感を味わえるので、女性は一度味わうとやみつきになります。これに対して外イキは快感が浅く「軽くイク」という感じのようです。同じイクのでも、こういう違いがあるのなら、女性が中イキしたいと思うのは当然でしょう。

 

中イキできるのはなぜ?

女性が膣にペニスを挿入して中イキできるのは、主にGスポットとポルチオを刺激するからだと言われています。

このうち、Gスポットは膣の浅い部分にあるので比較的刺激しやすいのですが、ポルチオは膣の奥にある子宮口の周辺なので、見ることも触ることも困難です。ただし、子宮口は女性が興奮すると下がってくることがあるので、まれに触ることができます。

 

中イキは、男性がペニスを使ってGスポットとポルチオを刺激するために起こります。そのため、男性が女性を中イキさせるには、とにかく回数多く女性器の中にペニスを挿入するしかありません。しかし、ただ闇雲にセックスしても中イキさせることは難しいので、比較的中イキさせやすい体位をご紹介しましょう。

 

中イキさせやすい体位がある

女性を中イキさせやすいのは以下の体位です。

 

正常位

正常位は、一番多く使われている体位ではないでしょうか。

二足歩行する人間にとって、正常位は一番セックスしやすい体位です。

というより、そもそも他の動物は体位を変えて交尾したりしないので、いろんな体位を使うのは人間だけの特徴です。

 

正常位はお互いの顔が見えるので、特に女性にとっては安心感が得られる体位でもあります。顔を見ながらセックスできるので、感じているかどうかもわかりやすくなります。ペニスを挿入して少し突き入れる角度を変えながら、女性の反応が変わる瞬間を見逃さないようにしましょう。

 

わずかな表情の変化で感じているかどうかがわかるので、ペニスを突き入れる角度を変えた瞬間に表情が変わったり、「あう」と声を漏らしたらその角度を覚えておきましょう。こうして女性の感じるポイントを1つずつ探っていくことが、中イキさせるセックスにつながります。

 

バック

バックで挿入すると、正常位よりもペニスを突き入れる角度を変えやすく、しかも膣壁にペニスをこすりつけるような入れ方もできます。

このため、正常位ではわからなかった、女性の感じるポイントを探すことが可能になります。バックでは女性の表情が見えませんが、女性が感じて声を出したら、そのときのペニスの挿入角度を覚えておきましょう。

 

バックから女性をうつ伏せにして、上に覆いかぶさる形で挿入すると、ペニスが入る角度が変わるので、この体位でも女性が感じるポイントを探してみてください。また、バックから横に倒れて寝バックになると、違った角度で挿入できるのでこれも試してみましょう。

 

騎乗位

騎乗位は膣の奥まで挿入できる体位なので、ペニスの先がポルチオに届く可能性があります。

騎乗位は女性が主導権を握って動く体位ですが、男性も下から角度を変えながら突き上げると、女性の反応が変わった瞬間がわかります。騎乗位で女性の顔を見ながら、下からいろんな角度で突き上げて反応を観察しましょう。

 

騎乗位は女性が好きに動けるので、ペニスを膣内の思った場所に当てることができるため、中イキしやすい体位です。男性は楽な体位なので、中イキのポイントを探るためには、騎乗位を多くするといいでしょう。

 

座位

男女が向かい合って挿入するので、愛情を深める体位とも言われますが、騎乗位と同様に中イキのポイントが探しやすい体位です。

座位は騎乗位から男性が体を起こした体位なので、騎乗位の途中から座位に変わることもできます。座位は女性の尻を持ち上げたり前後左右に揺すったりできるので、感じるポイントを探しやすい体位です。女性が男性の首にしがみつくと、尻が浮いて楽に動かせるのでなお一層探しやすくなります。

 

まとめ

女性は外イキしやすいのですが、中イキするのは難しいようです。中イキは外イキより深い快感を得られるので、一度中イキするとやみつきになると言います。中イキするためには、女性が感じるポイントを探すことが重要です。

 

正常位、バック、騎乗位、座位が感じるポイントを探しやすい体位なので、女性の反応を見ながらセックスしてみましょう。感じるポイントを探すのは、2人で楽しみながら遊び感覚でやるほうがうまくいきます。