男と女の感じ方はこんなに違う!男と女の性欲のメカニズムを徹底解剖

男性と女性の性欲と、セックスで得られる快感にはかなりの違いがあるようです。

男性は快感に達すると、射精という物理的な現象が起きるのでわかりやすく、女性の場合はイッたというハッキリした現象がないために、わかりにくいのが実情です。では、男性と女性の感じ方は具体的にどう違うのでしょうか。男性と女性の性欲のメカニズムを解剖してみましょう。

 

男女の性欲の違いはどこからくるのか

一般的に、男性は女性より性欲が強いと言われています。

男性は女性より能動的なので、性欲に関してもそういった男女差があるのかもしれません。一方で、男性は精液という具体的な物質が溜まるため、それを定期的に排出する必要があるので、性欲が強くなっているとも言えます。

 

つまり、男性は生まれながらに体に備わっている性機能のために、性欲に関して能動的にならざるを得ないという面もあるのです。これに対して、女性は性欲に関して、何かが溜まるということはありません。この違いがそのまま、男女の性欲の違いにもなっているようです。

 

しかし、男女の性欲の違いは体の機能だけでなく、人間が作ってきた社会制度にもあるようです。少し前まで、どの国の社会制度も男性の行動はあまり制限しないのに、女性の行動は厳しく制限していました。現代では男女差別は撤廃されているので、昔のように女性だけが制約を受けることは少なくなりましたが、それでも考え方の中に昔の差別意識が残っています。

 

たとえば、若い男性がカラオケに行って夜遅く帰ってきても何も言われないのに、女の子だと「嫁入り前の娘がこんな時間まで」と言われてしまいます。

また、男性が風俗に行ったことを、会社で話してもそれほど問題になりませんが、もしOLが女性向け風俗に行ったなどど話したら、陰で何を言われるかわかりません。このように、同じことをしても男性と女性では、周囲の評価がまるで違うのです。

 

こういう「社会の目」に監視されているために、女性は昔から自分の性欲を大っぴらに表現できないまま、現代まできてしまったのです。ただそれだけの違いで、実は女性の性欲も男性と変わらないのかもしれません。男女の性欲の違いは、こういった社会的背景を抜きに語ることはできません。

 

男性と女性の性欲の特徴

男性にも女性にも、急に性欲が高まる場面があります。

しかし、男性と女性の性欲が高まる条件は同じではありません。

この違いは、男女それぞれの性ホルモンの違いも関係している可能性があります。

 

男性は、テストステロンという性ホルモンの働きによって、性衝動が起こるとされています。また、テストステロンは筋肉を増やし太い骨格を作り、髭や体毛を生やすなど、外見的な男性らしさを作ると同時に、男性らしい思考パターンも形成します。つまり、テストステロンは性欲をはじめ、あらゆる面で男性らしさを作るのに欠かせないホルモンなのです。

 

これに対して、女性の場合はエストロゲンという性ホルモンが分泌されます。エストロゲンは肌のハリにも影響を与えるホルモンで、肉体的精神的に女性らしさを作り出すホルモンです。男性は、テストステロンが増えると性欲が強くなると言われています。

 

つまり、「セックスしたい」という衝動が起きるのは、このホルモンの働きなのです。ただし、テストステロンが多ければ、いつでも性欲が高まるわけではありません。

 

男性の性欲が高まるきっかけ

男性の性欲は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚がきっかけとなって高まります。

つまり、人間に備わっている五感すべてがきっかけとなるわけです。視覚は目から入ってくる刺激なので、アダルト動画を見るなどがこれに当たります。

 

聴覚は女性の喘ぎ声を聞くなど、耳からの刺激で、触覚は女性の体に触ったり女性から触られる刺激です。味覚は女性器を舐めるなど、舌で味わう感覚により性欲が高まるものです。嗅覚は女性の体臭や香水の匂い、クンニしたときの女性器の匂いなどです。

 

ただし、実際にクンニしなくても、過去にクンニした女性器の匂いを思い出しても性欲が高まります。これは上記の感覚全般に同じことが言えます。アダルト動画を見なくても、前に見た動画の場面を思い出したり、前に聞いた女性の喘ぎ声や、女性の体に触った感触を思い出しても性欲が高まります。

 

そして過去の記憶を思い出して性欲が高まるのは、テストステロンの分泌量が増えたときや精液が溜まっているときです。男性は精液が溜まると性欲に直結しますから、そうなる傾向が強いのです。また、俗に「疲れマラ」という言葉がありますが、男性は疲れていると性欲が高まります。

 

精神的肉体的に疲労がたまると、それを「体が危機状態にある」と感じて、子孫を残そうという本能が働くのかもしれません。さらに、男性はスポーツの前後にも性欲が高まります。この場合は、スポーツにより競争心が刺激され、アドレナリンが大量分泌されたことによる興奮状態がもたらすものです。

 

女性の性欲はこうして高まる

上記のように、男性は五感すべてが性欲につながっていますが、女性の場合は主に触覚による刺激が性欲をかきたてます。

つまり、女性は触られることによって性欲が高まるのです。しかし、いきなり女性の胸や下半身に触れば、必ずと言っていいほど拒否されるのはやってみなくてもわかります。

 

これには2つの理由があります。1つ目は、男性がいきなり性的行動をしてくることへの拒否で、もう1つは「暴力を振るわれるのでは」という自営本能が働くからです。そのため、まず暴力を振るわないことだけは、最低限わかってもらえないと先に進めません。

 

そういう意味もあって、いきなりの行動はやってはいけないのです。また、女性はセックスに精神的な要素を強く求めるので、いわゆるデリカシーのない行動は嫌われます。女性の性欲を高めるには、まず最初に安心させて、ゆっくり心を解きほぐすことが大切なのです。

 

女性も五感によって性欲が高まることはあります。アダルト動画を見てその気になることもありますが、男性ほど性欲をかきたてられることはないようです。女性は男性よりも直截的ですから、体に触られるという「実感できるもの」があって初めて性欲が高まります。

 

つまり、男性のように過去に見たアダルト動画を思い出して興奮するようなことはほとんどなく、自分の隣にいる男性に触られているという「現実」によってのみ、性欲が高まるのです。触られても拒否しなければ、男性の行動はエスカレートしていきます。

 

やがて男性は胸をまさぐり、下半身にも手を伸ばすでしょう。女性は男性に身をまかせ、男性の次の行動を予感して性欲が高まっていくのです。

 

まとめ

男性と女性の性欲にはかなりの違いがあります。その違いは、男女それぞれの性ホルモンによる部分が大きいようでです。男性の性欲は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚から受ける刺激がきっかけとなります。

 

これに対して、女性の場合は主に触覚による刺激によって性欲が高まります。また、男性は過去に見たアダルト動画を思い出して性欲が高まることがあるのに対して、女性は体を触られているという「現実」に対してのみ反応します。