ディープなハプニングバーの世界を覗いてみよう!初心者でもわかる楽しみ方

近年、ハプニングバーが再び注目を集めています。

ハプニングバーは、人に言えないような特殊な性的嗜好を持つ人たちが、密かに集まって非日常を楽しむ空間です。ハプニングバーというインパクトのあるネーミングから、何となく怖い場所というイメージがあるため、敬遠している人もいるかもしれません。

 

しかし、ハプニングバーは、女性が1人で気軽に行ける安全な店なのです。

初心者でもわかる、ハプニングバーの楽しみ方を解説しましょう。

 

ハプニングバーとは

ハプニングバーは、カップルでも男性1人でも女性1人でも参加できるバーです。

ただ、普通のバーと違うのは、名前のとおりどんなハプニングが起こるかわからない店なのです。

店の中ではカップルがイチャついていたり、セックスしている場合もあります。

 

さらに、それを見ている男性がいたり、時には男性がカップルに加わって、3Pが始まることもあるのです。また、1人で来店した男性は、同じように1人で来ている女性を口説いたりして、その場限りのセックスを楽しむこともあります。つまり、バーとはいいながら、普通のバーとはまるで違います。

 

特殊な性的嗜好を持つ人は、それを表に出さずに生活しています。セックスできる相手がいても、性的嗜好を出した途端に嫌われるかもしれません。その点、ハプニングバーには、同じような性的嗜好を持った男女が集まっています。

 

だから、そこでお互いに性的嗜好を理解した上で親密になれば、自分の嗜好を思う存分表に出してセックスできるようになります。ハプニングバーにはこのように、人に知られたくない性的嗜好を持った人々が、夜な夜な集まってくるのです。

 

ハプニングバーにはイベントがある

ハプニングバーでは、その店独自のイベントが開催されることがあります。

たとえば、緊縛イベントやレディースデイ、コスプレイベントなどです。ハプニングバーに行くなら、興味のあるイベントのある日に行くとさらに楽しめるでしょう。

 

基本的に、ハプニングバーは誰でも行ける店なので、特殊な性的嗜好がなくても入店できますし、十分楽しむことができます。もちろん、店の中ではいろんなディープなプレイが展開されていますが、それを横目で見ながらお酒を飲むのも、ハプニングバーならではの醍醐味でしょう。とにかく、いろんな意味で非日常が楽しめるのがハプニングバーなのです。

 

ハプニングバーの遊び方

ハプニングバーに行くと、まず登録用紙に「氏名」「住所」「性別」「年齢」などを記入します。

身分証明書の提示を求められることが多いので、顔写真つきの身分証明書を用意しておきましょう。次に、入会金と入場料を払います。

 

料金は男性1人1万円~2万円くらいで、女性1人は無料か千円程度です。カップルで行くと5千円~1万円くらいとなります。カップルの料金は割安になっていますが、ハプニングバーが始まった当初、女性1人で来店する客はほとんどいなかったため、女性同伴で来店するカップルは貴重な存在でした。

 

なぜなら、ハプニングバーは女性がいないと成り立たないからです。そのため、当初からカップルは料金が安かったのです。

 

店内はどうなっているのか

ハプニングバーの店内に入ると、ロッカーで荷物を預けて身軽な服装になってフロアに入ります。

ちなみに、ほとんどの場合携帯やスマホは持ち込み禁止です。

持ち込みが発覚したら、退店させられますから注意しましょう。

 

もちろんこれは、客のプライバシーを守るためです。

フロアにはプレイルームや天井から緊縛して吊るす部屋、マジックミラー越しに覗ける部屋など、マニアックな部屋が並んでいます。もちろんバーですから、お酒を飲むスペースもあります。

 

1人で来た男性が女性に声をかけるのもこのスペースです

お互いに特殊な趣味を持った者どうしなので、会話するきっかけさえつかめばあとは早いです。

特殊な嗜好を表に出したい人が集まっているので、意気投合したらその場でセックスを始める即席カップルもいます。

 

もちろん、周囲にはそれを見ている人がいます。あられもない姿を見られて興奮するカップルに、覗いて盛り上がる人々。ここは、非日常を楽しむ人たちで溢れ返っています。

 

ハプニングバーでは、何を見ても普通の顔をしているのがマナーです。決して驚いた顔や不快な顔をしてはいけません。いろんな性的嗜好を持つ人が、思う存分人前でありのままの姿を晒け出すのが、ハプニングバーなのです。

 

もっと楽しむには

ちなみに、ハプニングバーは特殊な性嗜好を持つ人だけが集まるのではありません。

ごく普通の人も大勢やってきて、非日常を満喫して帰っていきます。もし見るだけでなく自分も参加したくなったら、店内で貸し出しているコスプレに着替えてみるといいでしょう。

 

そうすれば、きっと誰かが声をかけてくれます。もちろん、声をかけてくれるのを待っているだけでなく、こちらから声をかけてもかまいません。声をかけたりかけられたりした結果、次に何が起こるのかは誰にもわかりません。それがハプニングバーなのです。

 

ハプニングバーは風俗ではない

ハプニングバーでは、初対面の相手とセックスすることも可能ですが、風俗と違って、店で性的サービスをする女性を用意しているわけではありません。

あくまでも客どうしで気が合ったら、その先の展開があるというだけです。

店の中には、乳首が見えそうな服装で歩いている女性がいたり、ズボンを履いていない男性が目の前を通り過ぎることもあります。

 

さらに、そんな恰好をした男女が普通に会話していたりします。とても日常ではあり得ないことが、ここでは普通のことなのです。ここまで読んで、「もしかすると、ハプニングバーは私が求めていた場所かもしれない」と思った人は多いのではないでしょうか。

 

人は誰でも、重い荷物を背負って生きています。ハプニングバーは、とりあえず背負った荷物を床に置いて、ホッとくつろぐ場所なのかもしれません。重い荷物を置きたくなったら、一度ハプニングバーに行ってみてください。きっとあなたの人生をリセットしてくれますよ。

 

まとめ

ハプニングバーが若い人の間で人気となっています。ハプニングバーは、人に言えない特殊な性的嗜好を持つ人たちが、密かに集まって非日常を楽しむ空間ですが、普通の人も入ることができます。ハプニングバーは、女性が1人で気軽に行ける店なので、安心して楽しめます。

 

ただし、店の中はアブノーマルな世界です。特殊な性的嗜好を持った人々が、思い思いにその嗜好を晒け出しています。ハプニングバーでは、何を見ても驚いてはいけません。

 

何があっても普通の顔をして飲んでいてください。それが、ハプニングバー初心者が最低限守るべきマナーです。慣れてきたら、少しずつディープな世界に入っていきましょう。