パネマジ嬢を見破れ!デリヘルで自爆嬢を避ける方法を検証

給与も出たことだし、さあサッパリ気持ちよく風俗で抜いてもらうか!とデリヘルを頼む。

キュートな女の子とあんなこと、こんなことができると思ってドアを開けたら、……。

 

「チェンジやで。」

 

皆さんもきっと一度や二度は経験がある風俗あるある。今回はイヤらしい風俗のパネマジのカラクリを暴く、大切な諭吉を後悔なく使える方法を検証していきたいと思います。

 

パネマジって何だっけ?

パネマジという言葉をご存知でしょうか?風俗通いがもはや日常茶飯事という方にとってはもはや説明するまでもないことかもしれませんね。

ここではまずパネマジの定義からその目的をきちんとわかりやすく解説していくので、そんなの知っているよという方も風俗初心者の方も今一度最後まで読んでみてください。

 

パネルマジック=パネマジ

要するにパネルマジックの略をパネマジと呼びます。

デリヘルに箱ヘル、オナクラ、マッサージパーラーだけでなくキャバクラなどにも多発する、いわゆる詐欺写真のことです。

 

「おっ、この女の子!カワイイ。」

 

とWEBまたは店頭の写真を見てワクワク指名。そして訪れた女の子が写真と違う。化粧が違うのかな、いや少し太っただけなのかしら?というレベルではなく、ほぼほぼ別人レベルで女の子が登場する、これがパネマジ被害であり多くの男性が涙を飲んでいます。

 

最近は写真の加工技術がスコーンと上がってきており、ニキビや肌の美白修正から顎のライン、目チカラアップ、鼻を高くして更に真っ白の歯並びにチェンジ。もはや魔法を使ったとしか思えない変貌をアプリケーションにフォトショップでチャチャッと修正できてしまいます。

 

個人レベルで楽しむ分には問題はありません。しかしこの写真偽造は大人の遊び場で多発されており、お目当ての子と全然違う、こんなんじゃタタナイヨとオカンムリの男性陣が後を絶たないのです。

 

パネルマジックと風俗と女の子

パネルマジック、まずは女の子の立場になって考えてみましょうか!

 

「とりあえずお客さんをゲットしてお金を稼ぎたいから、ココの吹き出物は消して、あと一重はパッチリ二重、そうね韓流美女みたいなスレンダーバディーにも憧れるから二の腕と身体の線は細めといて!」

 

このような各々の希望が伝えられます。

 

風俗店としても、在籍キャストにはしっかり稼いでお店を廻してほしいので、難ありの部分はやっぱり修正すべし!と思うわけですよ。勿論女性からの希望などなくとも、店側が独断で修正をすることも少なくありません。

 

実際パネマジの度合いといいますか、弄り具合は担当者の力量が試されるところであり、元のルックス、スタイルを活かした上での微量調整から、もはや原型すらとどめていない改造人間並みのマジック修正を行う場合もあります。

 

基本どの風俗店でも大なり小なりパネマジが行われていることは明白ですが、高級店程その弄りは少なく、格安、大衆店になればなるほどその度合いはハードコアになっていきます。

 

パネマジ多発ポイントをチェキラッ!

ザックリパネマジについて解説していますが、最近の加工技術は半端ないくらいに優れており、もはや風俗店は博打という男性もいるくらいです。

 

しかしこれは怪しいと思うポイントは意外なほどはっきりしており、修正過多になる場所、つまり注意するべき部位はコチラになります。

 

  1. 目元は二重が基本
  2. 鼻を高く
  3. 顎をシャープに
  4. 輪郭を美しく
  5. 肌色のトーンは明るく白く
  6. 毛穴を消す
  7. ニキビ、シミは削除
  8. 二の腕、足は細く
  9. くびれはしっかり
  10. オッパイを強調

 

もはや主要な身体のパーツはほぼ修正必須要項になっているのです。

 

ただこの中でも目、輪郭、鼻、肌色はほぼ120%パネマジが行われていると考えていいので、基本的に通常のデリヘル、ヘルスなどではその写真の女性がそのまま登場すると考えてはなりません。

 

WEBサイト、写真の中で微笑む彼女達の顔面偏差値が58だとしたら、本物はそこからマイナス15から20引いた値がほぼほぼ原形の偏差値になると考えて差し支えありません。

 

詐欺写を事前に察知する方法を考察

もはや賢者レベルになると果たしてどうやって詐欺写真を見抜くか、いかに自分の目と勘で修正が少ない女の子を探し当てるかに躍起になる男性も少なくありません。

 

もう宝探し状態ですが、それだけ外れクジが多いということを意味しています。さあここではパネマジを極力回避する為にできることを検証していきたと思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・女性選びに失敗しない!パネマジ回避5選

なかなか難しいのですが、パネマジによる自爆嬢を選ばない為にできることを解説していきます。ただしこれらを実践しても必ず写真通りの女の子と遊べるとは限らないので、その点はご了承ください。

 

動画付きの嬢を選ぶ

いくつか考えられるポイントの中でもその確実性が一番高いのがビデオ動画などをプロフィールやブログにアップしている女性です。

真付きのブログをつらつら書いている女性は少なくありませんが、そこに動画を載せている女性は一握り。

 

基本的に動画のパネマジは非常に難易度が高く、写真程ハードな加工はできない為、実際ほぼほぼ同一人物といっても過言ではない女性があなたのドアをノックしてくるはず。

 

まず女の子選びに失敗したくない方は、ビデオブログを用意しているお店の女の子をチョイスしてみましょう。

 

店舗内で均一の写真のスタイルである

実際パネマジという概念を超えた詐欺写を用意している店舗もあります。

通常これらは援助交際や掲示板等でよく見かける案件ですが、つまるところ他人の画像を使っているということを意味します。

 

風俗店でも特にやる気のないところ、写真加工すら面倒なのよ、そんなお店はその辺の女性のブログやSNSから画像を転載してアップすることも。

 

そのようなお店は基本的に女性の写真に均一性がなく撮影場所もシチュエーションもバラバラなので何かしらの違和感を覚えることでしょう。

 

手コキを中心としたソフト風俗を選ぶ

超高級、高給ソープは比較的写真加工が少ないと説明しました。

これらは元々ルックスの高い女性を採用するので、修正があったとしても微調整レベルです。

しかし逆にハードなプレイを要求されない、手コキをメインにするオナクラやセクキャバなどもパネマジは比較的少ないと言われています。

 

つまり男性もガッツリ抜きたいというよりは、サクッと女性の手でイキたいというカジュアルなプレイを望んでいる為、そもそもルックスやバディーに重点が置かれていないからです。

 

逆にヘルスやデリヘルは若さやルックス、初々しさをカバーできない場合でも、下半身をフル発進、性技を駆使すればある程度その弱点を克服できるので、年齢高め、ブサイク女子手の在籍率が高まります。

 

つまりこれらのソフト風俗店は比較的若い女性、風俗初心者の経験が浅い女の子とパネマジ率を低く遊べるのでデリヘルと比べるとリスクは少なくなるはず。

 

「あれっ」と思う不自然さを感じたら却下

写真を見比べていると、やっぱり不可解な顔の作りにハッとすることがあります。

つまり天然の良さを活かしきれない修正が逆に違和感を生んだり、えっ、輪郭がずれている!、または空間がなんか歪んでいるんだけど、という写真は明らかにパネマジが行われていると考えていいでしょう。

 

化粧が厚く、肌が白すぎる

美白というよりは、もはやいきすぎた鈴木その〇を見ているようなライトの当たり具合、ホワイトスキンも要注意ポイントです。

人間の肌というものは、なかなか自然光の中では白く見えません

 

褐色、肌色が日本人のベーシックカラーであり化粧をいくら施しても、なかなかナチュラルな白雪姫肌になることはないのです。

 

美しくみせたいと思うがゆえのライトの反射具合、または美白アプリの活用ですが、これはちょっと白すぎと思う写真を見かけた時は「ハハン、パネマジ嬢なり」とある程度判断を下すことができるようになります。

 

まとめ

今回はパネマジについて一生懸命語ってみました。

 

実際自分は被害者であるのに訪れてきた女性に、「ちょっと君、顔が違うからセックスしたくないよ、チェンジ。」とは言いにくいものです。

 

だからこそ女の子、お店を選ぶ前に、自分で出来る対策を考え、怪しい写真を見抜く術を身に着けることが大切になっていきます。

 

初心者の方は風俗遊びでしょっぱなから痛い目に合わないように、まずは軽い手コキ系から入る、または高級ソープ、そしてプロフィールに動画メッセージを載せている女の子を選ぶようにしていきましょう。