女を深くイカせる。浅くイカせる。これを知っていれば女のイカせ方は自由自在!

男性なら誰でも、女性をイカせたいと思うものです。自分の彼女や奥さんをイカせ、グッタリした体をベッドに横たえた姿を見ると、男性はひと仕事終えたような安堵感を覚えるものです。

これとは逆に、女性をイカせられないと、彼女や奥さんの機嫌が悪くなっていないか顔色を窺ったりします。

 

このように、男性にとって女性をイカせられるかどうかは、かなり大きな問題と言っていいでしょう。もしも、女性を深くイカせたり浅くイカせたり、自由自在にできるとしたらどうでしょう。そんな夢のような方法をご紹介します。

 

深くイクとは?

ところで、深くイクとはどういうことでしょうか。

男性の場合、射精する快感に違いはないので、深くイクとか浅くイクと言われても実感が湧きません。

しかし、女性は同じイクのでも、深くイク場合と浅くイク場合があるようです。

 

たとえば、クンニを続けていると女性をイカせることができますが、この場合は浅くイクことが多いようです。深くイカせるためには、ペニスを挿入して中イキさせる必要がありますが、中イキさせるのは女性がイキやすい体質でないとちょっと無理かもしれません。女性の中には感度のいい女性とそうでない女性がいますが、感度がよければすぐイキやすく深くイカせることも可能です。

 

しかし、それほど感度のいい女性はめったにいないので、男性がセックスで女性をイカせるのはなかなか困難なのです。また、女性にとってイクという感覚は毎回違うこともあるようで、射精によっていつも同じイクという感覚しか味わったことのない男性には、よくわからないかもしれません。女性が軽くイク場合はイッた瞬間体がビクッと震える程度の反応で、「あうっ」とか「イッちゃう!」とか声が出ることが多いようです。

 

ところが、深くイクと全身が痙攣してしばらく無音無呼吸の状態が続き、やがて体が反り返って「イクぅ!」と絞り出すような声を上げて絶頂していきます。もちろんイキ方は女性によって違いますが、浅くイクのと深くイクのではこのような明らかな違いが見られます。

 

女性がイカないのは恥ずかしいから?

ペニスを挿入していくらピストンしてもイカない女性が多いのは、もしかするとイクところを見られるのが恥ずかしいという気持ちが、ブレーキになっているのかもしれません。

というのは、女性はオナニーでは必ずと言っていいほどイクからです。しかも、多くの場合女性はオナニーでイクほうが激しく絶頂します。

 

これも、男性とのセックスと違ってオナニーなら1人でイケるので、ひと目を気にすることなく思い切り絶頂できるからなのかもしれません。男性とのセックスではなかなかイケないのに、女性がオナニーでは簡単にイケるのは、個人撮影のアダルト動画を見ればわかります。ネットには個人撮影のアダルト動画が数多くアップされていますが、普通のセックス動画で女性がイク場面を見ることはほとんどありません。

 

ところが、女性のオナニーを盗撮した動画を見ると、必ずと言っていいほどイッています。しかも、激しく痙攣しながらイクことが多いので、オナニーのほうが深くイケることがわかります。

 

女性が深くイク条件とは

女性が深くイクためにはいくつかの条件があり、しかもそれらの条件が複合していることが多いようです。

では、一般的にどのような場合にイキやすいのでしょうか。

 

・生理の前

一般的に、女性は生理の前にイライラしたり、情緒不安定になりやすいと言われます。これは、生理の前にホルモンバランスが崩れるのが原因と考えられますが、そのせいかどうかは別として、生理の前にイキやすくなる女性が多いのは間違いないようです。また、生理が近づくと無性にセックスしたくなる女性もいると言います。

 

いずれにしろ、俗に言われるように、女性には生理の前に心身のバランスを崩しやすい傾向があるのは確かなようです。

生理になると女性は子宮の胎盤が剥がれ、血液とともに流れ出すわけですから、体に大きな変化が起こるのは当然です。

 

しかも、それが女性器と関連した子宮で起こるのですから、セックスに影響があっても不思議ではありません。生理の前は膣内が充血して敏感になっているので、そこにペニスを挿入すれば、通常と違う反応をするのは当たり前でしょう。

 

・ゆっくり高まっていく

女性は一気に昇り詰めるのと違って、途中で何度も焦らされながら高まっていくと、激しくイクことがあるようです。この理由はハッキリしていませんし、必ず激しくイクわけではありませんが、女性は焦らされると深くイクことが多いのは間違いありません。男性が女性を焦らすには、かなりセックスに慣れていないと難しいですが、ローターやバイブなどで長時間弱い刺激を与えても深くイクことがあります。

 

・同時に複数箇所を愛撫する

クンニしながら膣の中に指を入れてかき回し、同時にもう片方の手で乳房を鷲掴みにするなど、複数箇所を一度に愛撫すると女性は深くイキやすくなります。

 

・深イキしやすい性感帯を刺激する

「深イキしやすい性感帯ってあるの?」という質問には、「ある」とお答えしましょう

。最近見つかった性感帯に「ポルチオ」と「スペンス乳腺」があります。どちらも上手に刺激すると女性が激しくイキまくる性感帯として知られています。

 

ポルチオは子宮口の周辺にある性感帯で、膣の深い場所にあるので刺激しにくいのですが、女性によっては時折膣口付近まで子宮が下がってくることがあります。そこを狙って、膣の中に指を入れたりペニスで突いたりして刺激すると、女性の体が激しく反応します。

 

また、スペンス乳腺は脇の下にあるので、ポルチオよりずっと刺激しやすい性感帯です。ここでは詳しい刺激方法は省略しますが。スペンス乳腺を上手に刺激できるようになれば、女性を深イキさせることができます。

 

・連続でイッたあとがチャンス

女性は何度か浅くイッたあと深くイクことがあります。浅くイカせるのはクンニを続ければ可能だし、ローターやバイブを使ってもいいでしょう。このように、ちょっとした工夫で女性を連続でイカせることは可能なのです。クンニやバイブなどで、3回くらいイカせてからペニスを挿入すると、どんな女性でも深イキさせることができます。

 

まとめ

女性を浅くイカせるには、じっくり時間をかけてクンニしたり、ローターやバイブを使って弱い刺激を与え続けましょう。深くイカせるには、上記で紹介した方法を組み合わせれば、セックスのテクニックがなくても十分可能です。自分の彼女や奥さんなら生理の時期もわかるはずですから、生理の直前を狙って上記のどれかの方法を組み合わせれば、かなりの確率で深イキさせることができます。