ペニスだけが女をイカせる武器ではない!女が喘ぎまくる究極の手マン術!

手マンが上手にできるようになると、前戯のバリエーションが増えて女性に喜ばれる上に男性の負担も減らせます。手マンで女性を気持ちよくさせている間、男性は挿入しなくていいので、スタミナに自信がなくても何とかなります。また、手マンを極めると女性をイカせる立派な武器になるため、男子たるもの手マンの技術はぜひとも身につけておきたいものです。女が喘ぎまくる究極の手マン術をご紹介しましょう。

 

手マンとは

手マンとは、男性が指を使って女性器を愛撫したり、膣の中に指を入れて中を刺激して快感に導く方法です。

手マンと言いながら、実際は指を使って行うので指マンとも呼ばれます。AV動画を見ると、女性に激しく手マンするシーンがありますが、あれはAVの中だけの話と思ったほうがいいようです。

 

あんなに激しく手マンされたら気持ちいいどころか、痛くてたまらないというのが本当のところでしょう。また、AVでは激しい手マンで女性が潮を吹くシーンがありますが、ほとんどの女性は手マンしても潮を吹いたりしません。しかも女性器はデリケートですから、激しく手マンして傷つけたらセックスもできなくなってしまいます。AVと現実を混同すると、女性に嫌われるだけですから気をつけましょう。

 

手マンする前に手の指をきれいに洗って爪を切り、初めはソフトに行うほうが女性に喜ばれます。また、女性の中には膣の中に指を入れられるのを嫌う人もいます。特にセックスの経験が浅い女性にそういった傾向があるので、手も洗わないでいきなり手マンするのはやめたほうがいいでしょう。

 

女性が気持ちいい手マンとは

手マンが上手にできると女性をイカせることもできますが、最初から手マンでイカせることは考えずに、あくまでも前戯のひとつとして行ったほうが喜ばれます。

手マンする前に、膣の中が濡れていることを確かめましょう。濡れてもいないのに指を入れたら痛いだけですから、まず時間をかけて愛撫して膣を濡らすことから始めてください。

 

ただし、女性の中には濡れにくい体質の人がいたり、セックスの経験が少ないために濡れにくいこともあります。そんなときはローションなどを使って、滑りをよくして手マンしましょう。

 

具体的な手マンのやり方

では次に、女性が気持ちよくなる手マンのやり方をご紹介します。

 

・1.最初はパンティの上から

いきなりパンティを脱がすのではなく、パンティの上から女性器全体を撫でたり、ワレメをなぞったりして愛撫してみましょう。パンティ越しですから、女性は少しまどろっこしく感じるはずです。しかし、すぐに手マンするより焦らしたほうが女性も興奮します。

 

片方の手で手マンしながら、もう片方の手で乳房を愛撫することも忘れないでください。2箇所同時に愛撫されると、女性はさらに興奮が高まります。

 

・2.パンティの中に手を入れる

女性が興奮してくると、パンティが何となくしっとりしてくるので、濡れてきたことがわかります。ある程度パンティ越しに愛撫したら、今度はパンティの中に手を入れましょう。この場合、普通に手を入れてもいいのですが、パンティを横にずらして女性器をいじると女性は恥ずかしがります。

 

「恥ずかしがる=興奮する」ということなので、横にずらしていじるのもおすすめです。女性器が濡れているのを感じたら、膣の中に指を入れてみましょう。この段階では、軽く入れる程度にしてください。まだ十分に濡れていないようなら、膣口のあたりをゆっくり指先で撫でているとしだいに濡れてきます。

 

・3.パンティを脱がす

今度はパンティを脱がして直接女性器を愛撫します。人差し指と中指を使って大陰唇と小陰唇、膣口のあたりをしばらくなぞってください。

もしまだ濡れ具合が足りないようなら、クンニして唾をつけてもいいですよ。

 

基本的に手マンするのは片手だけですから、もう片方の手を遊ばせることなく、乳房を揉んだり耳やうなじを愛撫するのを忘れないようにしましょう。この頃になると女性の肌が火照ったり、「あん」とか声が漏れたり息が荒くなったりしてきます。こうなると感じてきた証拠ですから、本格的に膣の中に指を入れてみましょう。

 

・4.まず指を1本入れる

まず、膣の中に人差し指を入れてみましょう。女性の表情を見ながら、ゆっくり入れていきます。

もし女性が痛がるようなら、一旦抜いてください。痛がらなければ少しずつ入れていって、中で指を動かしてみましょう。

 

指先でGスポットを探ってもいいのですが、女性によってすぐ見つかる場合と見つけにくい場合があります。見つかったら、そこを重点的に愛撫すると女性が反応するはずです。見つからなければ、普通に指を出し入れしたり指を左右に回してみましょう。

 

慣れてきたら、膣の中で指先を曲げたり伸ばしたりすると喜ぶ女性もいます。ただし、あまり何度も繰り返すと膣壁を傷つけるおそれがあります。

 

ところで、日本人男性は膣の中に人差し指を入れて手マンすることが多いのですが、アメリカ人男性は中指を入れることが多いようです。これは、アメリカのポルノ動画を見ればわかります。おそらく、中指のほうが人差し指より長いので中指を使うのでしょう。

 

もちろん中指を入れてもいいので、やりやすい指を使ってください。ある程度セックス経験のある女性には、人差し指と中指を同時に入れてもいいですよ。

 

まず人差し指だけを入れた状態から、中指を添えて入れていきます。指を2本に増やすと女性の反応が強くなりますが、もし痛がるようなら1本に戻しましょう。2本入れる場合は、膣の中が濡れていないと傷つく可能性が高くなるので、十分注意しましょう。

 

・5.手マンだけに集中しない

前述しましたように、手マンは片手でできるので、もう片方の手を有効に使って同時に2箇所愛撫することを心掛けてください。右手で手マンするなら、左手で乳房を揉んだり、2本の指を使って乳首をつまんだりしながら手マンを続けましょう。2箇所同時に責められると、女性はグングン高まっていきます。

 

また、膣の中に指を入れながら、クリトリスに口をつけて舐めたり吸ったりするとさらに女性が興奮します。両手を使って手マンするなら、片手でクリトリスを愛撫して、もう片方の手の指を膣の中に入れるのもいいでしょう。自分なりに工夫してバリエーションを増やすと、これまで以上にセックスが楽しくなりますよ。

 

・6.ペニスを挿入して手マンする

一般的に手マンはセックスの前戯として行うものですが、ペニスを挿入してセックスしながら手マンすることもできます。一番やりやすいのは、バックでセックスしながら、両手を前に回してクリトリスを愛撫する方法です。バックから深く挿入した状態で、しかも両手を使って手マンできるので、女性の感度が一気に高まります。

 

まとめ

手マンは、AVの影響もあって激しくやればいいとか、潮を吹くまでやるものと思っている人もいるようですが、これは間違いです。あくまでもやさしく女性器を愛撫するのが手マンの基本です。片手で手マンしながら、もう片方の手で乳房を揉むなどして、2箇所責めをすればさらに女性が興奮します。

 

手マンしながら同時にクンニしたり、バックで挿入しながら両手を前に回して手マンするなど、ちょっとした工夫でいろんなバリエーションが作れます。手マンを覚えればさらにセックスが充実するので、ぜひマスターしたいものです。