そこ…気持ちよすぎる!女性が感じる意外な性感帯7つ

「女の子の性感帯?あそこと乳首でしょ?」と、たった2か所しか性感帯が思い当たらなかった男性諸君に喝~~!そんなんじゃいつまで経っても、女の子を感動させる愛撫はできませんよ!

女の子の体は全身性感帯。大好きな人に腕を撫でられただけでもビビビッとくるんです。

今回は、私が男性に愛撫されて腰が砕けそうになった性感帯を教えようと思います。男性からすると「え、そんなところが感じるの??」と思われるようなところが、女子の快感ポイントなので、しっかり覚えてくださいね♪

 

耳は立派な性感帯です。

1万人以上の女性を抱いてきたAV男優のしみけんさんは耳のことを『耳トリス』と呼ぶほどです(クリトリスの耳バージョン?)。

耳にはいろんなアプローチの方法があります。

まず試してもらいたいのは、耳もとでそっと囁く行為。このとき囁く言葉は「好きだよ」とか「可愛い」とか「愛してる」などが良いでしょう。息とともに囁かれると、それだけでビクビクッとしてしまいます。音がダイレクトに届くので、耳を優しく舐められると「じゅっじゅっ」といやらしい音になって聞こえてくるのでとてもセクシーです。

また、外側から舌先でチュッチュっとキスを繰り返されるのもすごく感じます。強い刺激ではないからこそ、痛みも感じませんし、「私は愛されている」という精神的な満足感を得ることができるんです。

 

首もすごく感じるポイント。

セックスと言えば、すぐにおっぱいやクリトリスを刺激する男性が多いので、時間をかけて首を愛撫してくれる男性に出会うと「この人のエッチは全然違う!」と思います。

首はふだん自分でもあまり触らない部位。ですから、触られると新鮮な驚きがあります。また、舐められるのもとても気持ちイイです。

女の子の首を舐めるときは、女の子の髪を舐めないようにかきあげ、舌を大きく出しましょう。

舐めるときのコツは『たっぷりと唾液で湿らせた舌を、舐める場所と広く接地するようにすること』です。

首を舐めるときも同じで、唾液でやわらかくした舌を首筋に当てたら、縦方向に舐めます(人間の体は神経が縦方向に流れているので、横方向よりも縦方向に舐められた方が気持ち良いのだそう)。舐め終わった時に、よだれが垂れた場合はそっとふき取ってあげましょう。

 

背中

背中を愛撫してくれる男性は少ないのですが、ここも本当に気持ち良いです。

とはいえ、ただべたーっと触られても気持ちよくありません。背中を触るときには、『触れるか触れないかくらいの距離ですーっと撫でる(フェザータッチと言います)』のがポイントです。

ふだん、背中を愛撫されることはほとんどないので(自分でも触りません)、最初はくすぐったさを覚えるのですが、何度もされるうちに徐々に開発されて快感になっていきます。

触るときには、耳元への愛撫と同じように「背中、キレイだね」と言いながらスーッと触ったり、「○○の体はみんなキレイ」と言ったりしてください。嬉しさと気持ちよさで女の子は穏やかな快感を得ることができます。

また、フェザータッチの途中で背中にキスをされるのもすごく感じます。唇の柔らかさはとても気持ちの良いものなので、ふいにキスされることでビクビクっとなります。首筋からゆっくりと腰の方までキスをしてあげたり、フェザータッチをしながらキスをしてあげるとよいでしょう。とくに腰回りは興奮して濡れちゃう女の子が多いんです。

ただし、背中にキスをするときには、唇が乾燥していないかに注意してください。

男性はリップクリームをつけない人も多く、がさがさの唇の人も多いです。がさがさの唇の場合、キスをした時にざらっとして不快です。彼女とセックスをするときには、事前にリップクリームで唇をケアしておくこと。そして、背中にキスをするときには、唾液で唇を濡らしてから行ってください。

 

【あまり反応がない場合】

女の子を横向きにさせて、背中にキスをしながら、空いてる手でクリトリスを愛撫してあげるのもよいでしょう。まだ開発されていない背中だけでは感じることができなくても、クリトリスも愛撫されることで、開発されていく可能性があります。

 

脇腹

脇腹はくすぐったい部分ですが、上手に愛撫されるとたまらなく気持ちよいです。脇腹を愛撫するときには、脇腹だけを触るのではなく、親指以外の4本の指で脇腹を触りながら、耳や首、背中にキスをしてください。このときの触り方も基本はフェザータッチです。

 

腰を触られるとキュンキュンする女の子はけっこういます。キスをしながら腰を持たれて感じた女子も多いんです。ぜひ、セックスをするときには『女の子の腰を持つ』ということを覚えておいてください。キスをするときにもすかさず腰を持つ。彼女に騎乗位してもらったときには腰を持つ。腰のくびれは立派な性感帯です。

 

足の指

足の指は意外と感じる部位です。その昔、私の元彼は足の指を丁寧に舐めてくれました。はじめてのセックスの時はびっくりしてしまい、「そんな汚いとこ舐めなくていいよ!」と焦りましたが、何度もされているうちに、柔らかい舌の感触がくせになってしまいました。「すごく大事にされている感」も感じる行為です。

 

膝はノーマークだったのですが、この間、セックスした相手になめられたとき、ビクビクっとした快感を感じました。膝の頭は特に皮膚が薄い部位。舐められるとその感触がダイレクトに伝わるんです。また、膝の裏側が側部にはリンパ腺が通っているため、表も裏も感じます。前戯のひとつにぜひ『膝舐め』を加えてほしいです。

 

さいごに

冒頭にも言いましたが、女の子の体は全身が性感帯です。ここにあげた部位のほかにも、女の子にとってはビクビクっとなるポイントがありそうです。セックスをするときには、彼女の反応を見ながら、体中いろんなところを愛撫してみてください。最初は「くすぐったいよ~」と言われるかもしれませんが、それもまた楽しいコミュニケーション。彼女の体を宝探しするような気持で丁寧に舐めたり触ったりして見てください。何度も体を合わせているうちに、どんどんセックスがうまくなっていくでしょう。