セックスOK?風俗店で本番行為はできる?その真実とリスクも紹介

サクッとフェラに手コキでフィニッシュして精を出したい!、でもどうせ風俗を利用するなら、最後の最後までできたらいいのに……。

 

そこで今回は改めて風俗利用時の本番行為の可否について考察していきたいと思います。なぜに本番行為が禁止といわれるのか、それでも耳にする「セックスできた!」という噂の真相まで気になる本番事情をチェック!

 

デリヘル、ヘルスで本番行為は可能?その実情を徹底検証

脱童貞を目指したい、そんな男性はしばし本番プレイが可能なソープでサクッと筆おろしを済ませますが、それ以外のデリヘル、ヘルス等では本番行為はできないのでしょうか?

高いお金を支払うのなら、フェラに素股止まりではなく、目くるめく快楽の穴に息子をぶち込みたい!と思うのが男の性。

 

ここでは風俗利用に関してまずは知っておきたい、ソープ以外の風俗でセックスができるのか?、について解説していきたいと思います。

 

売春防止法に則り、風俗店では本番セックスは禁止!

まずデリヘルやヘルス、オナクラに性感マッサージなどの性風俗点では売春防止法という厳格な法律が仇となり、女性器を利用した本番行為は一切できません。

前述のソープに関しては入場料金を最初に支払い、館内で女性と自由恋愛を楽しむという名目で本番行為が実質可能ですが、それ以外の風俗業種ではその例外は認められません。

 

つまり不特定多数の男性に対して、金銭を代価にセックスをすることは売春行為とみなされており、れっきとした犯罪行為になるのです。

生殖行為を共なわないセックスが社会の風紀を乱しモラル低下を助長すると言われれば、もはやその通りと頷くしかありませんよね……。

 

基本的に風俗店舗は女性の人権と保護を第一に考えて営業しており、そこで提供される性サービスは挿入を伴わない違法性のないものを提供しているのです。

 

ただしアナルセックスに関してですが、こちらは女性器を利用した挿入ではないので違法ではないということも覚えておきましょう。

 

それでも本番行為ができる!?その状況と理由に迫る

風俗についての口コミ、体験談を紹介する掲示板やサイトでは、しばし〇〇のお店の××ちゃんは本番をさせてくれた!などと自慢げにその体験を語っています。

 

自由恋愛の延長線上にあるソープでのセックスはさておき、どうしてデリヘルや箱ヘル等で挿入を伴うセックスができたのでしょうか?

これらの体験談は決して嘘でも誇張したものでもなく、基本的に真実と考えていいでしょう。

風俗で働く女性キャストが違法とわかっていても本番を許す理由としては以下が挙げられます。

 

  1. リピーターにつなげる為のツールとして。
  2. 素股をしていたら入ってしまった。
  3. フェラがだるいし、面倒なので本番の方が楽。
  4. 自分が気持ちよくなってしまった。
  5. お客さんが自分のタイプ。

 

などが挙げられます。

つまりその状況やタイミング、女性次第ではアドリブで本番が可能な場合もあるということ。ただしこれはあくまで違法行為である、そして本番を伴うセックスの場合はあらたに女性へ追加のお金を支払うことが常!

 

女性側からの提案、もしくは男性側が諭吉をちらつかせて本番を要求する場合がありますが、その相場は15,000円から20,000円程度となっており、ホテル代等を含めるとかなりの出費になってしまいます。

 

追加の金銭を渡しての本番行為は風俗の隠語として「円盤行為」と呼ばれ、それを裏オプションで行う女性のことを「基盤嬢」をいうことも豆知識として覚えておくといいでしょう。

 

ソープ以外で本番行為をした際に考えられるトラブルケース

実際少なくない数の男性がデリヘル等で本番行為を楽しんでいます。法律で厳格に禁止されている行為をしている自分、そんなスリリングがより快楽を助長するのでしょうか。

 

しかし本番をしてしまったがゆえに大きなトラブルに巻き込まれるケースは非常に多くなっているのも事実。

 

一時の快楽を追求したばかりに、家族、会社に迷惑をかけることになった、そんな最悪なケースも報告されているのです。ここではそんな本番行為を行うリスクについて解説していきたいと思うので、心してお読みください!

 

円盤行為は罰金、出入り禁止になる可能性大!

本番を安全に楽しみたいならソープに行くべきであり、「もしかして本番もできるかも」というやましい気持ちでデリヘルは利用しない方がベター。

 

デリヘルやヘルス等では厳重に本番行為を禁止しており、挿入の事実がバレてしまうと罰金を要求されるケースが少なくありません。

 

つまりその場では女性キャストは何も言わなかったのに、プレイが終わったらお店に泣きつかれ、示談金を要求されるケース、または家族や会社にバラすと恐喝されるケースなども報告されています……。

 

この場合はその場で内勤スタッフに連絡がいき、大目玉を食らい謝罪を要求されます。謝り通して和解に持ち込むことも可能ではありますが、出入り禁止プラス大概そこに慰謝料などの支払いが発生。

 

どれくらいの金額を提示されるのかは女性やお店の対応、お客さんが本番に持ち込んだシチュエーションにもよりますが、数十万円から100万円程度とかなり幅があります。

 

なお本番行為をしたために逮捕されることは通常ありませんが、そこに恐喝、傷害行為があると判断された場合は、強姦罪が適応されることも考えられるのです。

 

風俗嬢とお店ぐるみで本番詐欺行為を仕掛ける悪質なケースも……

 

デリヘルでフットワーク軽く挿入できて、そして何のトラブルもなく楽しめたという方はただ運がよかっただけかもしれません。風俗は風俗のルールを守ってその中で気持ちよくなるのが、スタンダードな楽しみ方なのです。

 

実際いくつかの性風俗点ではお店と風俗嬢が組んで本番行為を率先して行い、のちのち「ゴムをしていなかったので性病になった、または妊娠した」詐欺、「無理やり強姦された」詐欺、など女性優位の言い分で法外な慰謝料を要求する場合もあります。

 

基本的にこれらの悪質な風俗店は、取り立て専用の怖いお兄さんスタッフがお店に在住しており、金銭的な和解もかなりハードになることが予想されるのです。

 

このようなお店は大概グーグルで検索すれば、その店名や情報等を見つけることができるので、本番行為をするしないにしても、口コミを観覧することは自身の身を守る手段になっていくことを忘れないでくださいね。

 

なお風俗店と本番行為でトラブルになった場合、お店の言い分に圧倒されて泣き寝入りをするのではなく、弁護士または風俗トラブルに特化した機関に相談することをおすすめいたします。

 

まとめ

実際ソープ以外の風俗でも本番できちゃった!という報告は多く、それなら自分もできるだとうと軽い気持ちで挿入を試みる男性が後を絶ちません。

 

女性も気持ちよさそうにしていて、何も言わなかったので、両者の了解が得られたと思っていたら、行為の後に大泣きされて慰謝料を要求された、またはヤクザまがいの恐喝を受けた、という男性は想像以上に多いのです。

 

風俗店はあくまでルールに沿って安全に楽しむ場所であり、リスクを背負い少しの冒険をするべき場所ではないということを肝に銘じておきましょう。