彼女の手コキが100倍気持ちよくなる方法

「彼女の手コキってそれほど気持ちよくないよなあ。やっぱり、中に入れるかフェラでしょ!」

と思っているそこの男子諸君に告ぐ。

彼女の手コキが100倍うまくなったらどうだ?

キミは毎晩、彼女に手コキでフィニッシュをお願いするようになるかもしれないぞ!

……と、ちょっと大げさに言いましたが、自分でする手コキを思い返してみてください。

自分の気持ちの良い部分を知っている黄金の右手。このゴッドハンドなら、数分で射精することが可能ですよね?

手コキが最高にうまい風俗嬢は、素股をする際、「これ、入れてるよね!?」と錯覚するほどの締め付けを与えてくれます。フェラチオはおろか、その締め付けは膣以上。というのも、指の圧力なのですから、締め付け具合は自由自在なのです。

今回は、彼女の手コキが100倍気持ちよくなる方法をまとめてみたいと思います。

 

まずは彼女に『気持ちイイポイント』を教えよう

手コキが苦手な女の子は男性の気持ちよいと思う部分を知りません。

ですから、まずは手コキをされたときに気持ちイイ部分をしっかりと教えましょう。

亀頭・竿、裏筋・カリ。この四か所が気持ちの良い部分です。

 

亀頭……ペニスの先端にある、カメの頭のような部分を『亀頭』といいます。亀頭はとても敏感な部分です。実は快感を感じる神経は亀頭にのみ存在しているのだとか。知らない手にちょっと触られただけでも「ビクッ」となってしまう部位です。

 

カリ……亀頭と竿の間にある、エラの部位を「カリ」といいます。男性向けの雑誌広告には「カリ高ペニスになるサプリ」などが載っていたりしますが、亀頭が大きければ大きいほど、段差が生まれるので「カリ高」と呼ばれるようになります。アメリカのギャラップ博士らが行ったペニスとヴァギナの模型を使った実験では、どんな形のペニスがヴァギナの中の精子をかきだすか調べたところ、カリのないタイプは疑似精液を3割ほどしか掻きだしませんでしたが、人のペニスそっくりのカリのついたタイプでは9割の精液を掻き出しました。カリは女の子を気持ちよくするためだけではなく、ほかの男性の精液をかきだす役割もあるということです。

このカリは、亀頭の真下になるので、とても敏感な部位です。

 

裏筋……裏筋とは、竿と亀頭を結ぶ筋です。正確には、筋だけではなく、そのあたり一帯が性感帯になっています。裏筋は、男性器の中で一番感度の高い部分とも言われています。亀頭にある快感の神経が裏筋に集中しているためです。

 

竿……竿は、女性が想像する『ペニス』です。棒状になっている部分で、手コキをし慣れていない子は、竿を上下にこすることが手コキだと思っています。快感の神経は亀頭にしか存在しませんが、ペニスの皮を下に引っ張ることにより、裏筋に力が加わり、竿にも快感が走ります。そのため、竿の刺激が好きだという男性も多いです。

 

手コキの握り方

オーソドックスな方法はペニスを片手で握り、上下にこすることですが、男性がオナニーするときにもこの握り方をしているので、あまり新鮮さは感じません。

オーソドックスな握り方を覚えたら、彼女には逆手に握ってもらいましょう。

親指がペニスの根元にくる形で、手コキをします。

ふだんのオナニーではなかなか感じることのできない快感を得ることができます。

とくに、男性が四つん這いになり、彼女に逆手で手コキをしてもらうと、よりアブノーマルな雰囲気になります

また、両手の指先を中心にしてペニスを握る両手使いもおすすめです。いろんなバリエーションでこすることができますが、亀頭だけを外に出し、ペニスをぎゅーっと両手で包んで上下にこする方法がおすすめです。

もっとも快感を感じる亀頭に触れずに、振動だけで快感を伝えます。

ただ、両手握りは力が入りやすい持ち方なので、力加減に注意してもらうようにしましょう。

手コキをする際に、一番重要なのは力加減。

女の子には、最初から全力で握るのではなく、最初は弱い力ではじめ、徐々に刺激を与えていくようにしましょう。手コキが本当にうまい子は、力をゆるめたり、強くしたりする緩急のつけ方がとてもうまいもの。何度も練習して、気持ちの良いリズム感を2人で試してみてください。

 

〇簡単にできる手コキのテクニック

  1. ローションや唾液などでヌルヌルにした指でペニスを包み込み、上下に優しい力で動かします
  2. 亀頭に親指を置き、360°円を描くように親指を動かします。
  3. 手コキをしながら睾丸もソフトタッチで触ります
  4. もてあそぶように、根元からカリまでスーッとなぞったり、指でくるくると円を描きながら触ります

 

たっぷりと唾液を垂らして

手コキの気持ちよさをアップするには、なんといっても『ヌルヌル』であることが重要です。

ベテラン風俗嬢は、フェラをするときにも口の中を唾液でいっぱいにしてから行いますが、手コキも同様に唾液でべちょべちょになるくらいまで濡らしてから行うのが望ましいです。

しかし、セックスに慣れていない女の子の場合、「唾液でぐちょぐちょにして手コキをして」と言っても戸惑われるかもしれません。

そんなときには、ローションを購入しておきましょう。

ローションでぐちょぐちょにするなら抵抗のない女の子も多いでしょう。

使うときには、まずローションを手のひらにとり、人肌に温めてからペニスの根元から亀頭まで包み込んで伸ばします。

ちなみに、ローションと一言でいっても、その成分はいろいろあります。例えば、『水溶性ポリマー系』のものは安く購入することができますが、乾きやすいという特徴を持っています。

『水溶性ヒポリマー系』は少量でもよく伸びますが、とろとろ感はなく、さらっとしています。

『グリセリン配合系』は乾きにくいもののべたつきが気になる人もいるでしょう。

僕はその昔、ドラッグストアで『HOT』と書かれたローションを買い、プレイしたところ、挿入中、結合部分がどんどん熱くなり、女の子と悲鳴をあげながらお風呂にかけこんだことがあります。

ローションを購入する際には、レビューを参考に『乾きにくくてぬるぬる』になるものを選びましょう。さらに、舐めても平気なものにすると、手コキのあとにフェラしてもらうことも可能になります。