潮を吹かせる方法~彼女の協力も必要~

「潮吹きしたからといって、気持ち良いとは限らない」と言われても、やっぱり一度くらいは体験してみたい!と思うのが潮吹きですよね。

私は女ですが、潮吹きに憧れたひとりでした。いろんな男性と潮吹きを目指して頑張ったのですが、なかなかできず、いろんな方法を試しました。

その結果、「潮吹きは男性ひとりが頑張ってもむずかしい!」という結論に至りました。やはり、女性の体から出るものですから、その日の女性側のコンディションや気持ちの在り方がかなり重要なんです。

そこで今回は潮吹きチャレンジを試みるカップル向けに、彼女にやっていてもらいたいことをまとめたいと思います。

ビューっ!!と飛び出るド派手な潮吹き。皆さんもぜひ体験してみてください!

 

なにはともあれ水分補給

潮吹きの際に出てくる水は体内から出てくる水分なので、カラカラの状態では「ビュー!」なんて出ません。

体内にしっかりと水分があれば、濡れやすくもなりますし、セックスの前にはたっぷりと水分をとることをおすすめします。

実際、AVで潮吹きを撮影するときには、女優さんは何リットルものミネラルウォーターを飲むのだとか。さすがに水ばかり大量に飲むのは大変ですが、潮吹きに挑戦する際には、事前に映画などを見ながらたっぷり水分をとるのをおすすめします。

ちなみに飲み物の種類ですが、アルコールも適度ならいいと思います。べろべろになるまで酔っぱらってしまうと、感度が悪くなってしまうのでNG。少量のアルコールでほろ酔い程度なら、セックスも盛り上がりますし、後述する『リラックス』にも役立つのでおすすめです。

逆に避けたほうがいい飲み物は、コーヒーなど。

コーヒーは利尿作用があるので、大量に飲んでしまうと、セックス中に「トイレに行きた~い!」となってしまい、我慢するためにギュッと力を入れてしまいます。体が緊張してしまうと、逆効果になってしまうので、お茶やコーヒーは避けたほうがよいでしょう。

 

リラックスが大事

いきなり手マンされて、「う……痛い!」なんて思ってしまった女性は、たとえ激しい手マンによって潮を吹いたとしてもトラウマになってしまいます。

潮吹きはたしかにGスポットを刺激し続けることで出てくる生理現象ですが、無理やりさせられた潮吹きに感動なんてありません。「あそこが痛い……、ひどい……。もう二度としたくない」そんなことを彼女に思われてまでしたくないですよね?

私は過去に、激しい手マンのすえにちょっとだけ潮吹きをしたことがあるのですが、それから相手の男性が毎回セックスのたびに無理やり潮を吹かせようとしてきたので、会うのをやめました。

このように、「俺のテクニックでイカせる!」と思うのは今後の付き合いもだめになってしまう危険な思想です。

逆に、私が「ぶしゃー!」と大量に潮吹きをしたときには、まるで北風と太陽の童話のように、ラブラブなセックスをしていた時でした。

その男性は、セックスをするまで時間をかけていちゃいちゃしてくれました。「もう我慢できない!」と私が抱き着いてセックスがはじまりました。セックス中も「可愛いね」とか「きれい」と褒めてくれて、キスをいっぱいしてくれました。そして体中を優しく愛撫してくれました。

前戯をたっぷりとしてもらったことで、私の体はすごくリラックスしていました。この『リラックス』は潮吹きに欠かせないポイントだと思います。

緊張感をともなう手マンは「これから痛いことをされる」と体が硬くなり、リラックスどころではありません。

「この人の指は気持ちイイ。この人に任せたら気持ちよくしてもらえる

――そんなふうに思うことで、リラックスして潮が吹きやすくなります。

潮吹きと快感はイコールで結ばれない、と専門家の方が語っていますが、それは正しくもあり、間違っているのではないかなと思います。気持ちよさがMaxの状態で、ビューっと吹く潮吹きは、女の私にもある種の達成感があるといいますか、「私、こんなに感じちゃったんだ」と思えるのです。

 

尿意を我慢しない

潮吹きをするときには、「あ。なんかでちゃう!」と女の子側が感じることが多いです。

「もしかしておしっこ!?絶対もらせない!!」とギューッと力を入れてしまう子も多いのです。

そのため、潮吹きを目指している時には、女の子の方が「尿意を感じてもそのまま出してもいいんだ」と思うことが大事です。

とはいえ、おしっこをビャーっと漏らすのはやっぱり、女子的にはイヤなので、セックスの前にはトイレに行かせてあげるとよいでしょう。

また、びしゃびしゃになっても大丈夫と安心することが大事なので、最初はお風呂で潮吹きに挑戦するのも良いと思います。

お風呂の中で手マンをしていたらあっという間に吹いたという子も多いんです。

 

【番外編】男性にしてほしいこと

女性にしてほしいことをお伝えしてきましたが、男性側にもしてほしいことがあります。

それは――『Gスポットの刺激だけで潮吹きを目指さないでほしい』ということです。

これを言ったら「え?」と思われる方も多いと思います。潮吹きをさせる記事には『Gスポットを刺激し続ける』と書いてあるのが一般的ですが、もっと前提に考えてもらいたいのは『彼女をとことんりらっくさせる』こと。

さきほども述べたように、前戯にたっぷりと時間をかけてください。フレンチのフルコースのようなイメージです。手マンやクンニは肉料理や魚料理など、メインディッシュです。はじめから肉料理ばかり出てきたらびっくりしちゃいますよね。最初は甘いキス。耳を舐めたり、優しく首を触ったり、彼女の感度をじわじわとあげてみてください。

たっぷりと彼女を感じさせることができれば、10分程度のGスポットの刺激(軽く振動させるだけ)で潮吹きをさせることができます。手マン中の音が、ちゃぷちゃぷと水があふれ出てくるような音に変わったら潮吹きに成功です。バシャ―っと出てきます。

一度潮を吹くことに成功した女の子は次からは簡単に吹くことができるようになります。皆さんもぜひ、彼女と協力して楽しい潮吹きプレイに挑戦してみてください!