胸をもまれても感じない!?女の子に胸で感じてもらう具体的な前戯

男性って女子の胸が大好きですよね。

私の胸が大きいというのもあるのか、大体の男性がセックスがはじまると両手で胸を掴み、パフパフしてきます。しかし、パフパフされても実は全然気持ちよくありません。仕方なく「あ~ん」と喘ぐのですが、内心「おっぱいの付け根が痛いからやめてくれ~~」と思っています。

女性が感じやすい部位と言うのは、唇、耳、首、背中。鼠径部(中にはアナルが好きな女の子もいますが、アナルはイヤという子も多いので、注意が必要です)。――そう、胸は入っていないんです。

たしかに、乳首は性感帯の子も多いのですが、突然、乳首をぎゅーっとされても、びっくりするだけです。乳首ギューは、完全にヌレヌレの状態で、挿入中にやられるから気持ちイイのです。まだ前戯の段階で乳首をいきなりつままれても、ビリビリくるような気持ちよさは感じられません。

そこで今回は、男性にとっては謎の多い、『女子の胸』についてまとめてみたいと思います。

正しいやり方で触れば、ちゃんと胸も感じます。ぜひ効果的な触り方をマスターしてくださいね!

 

おっぱいの触り方

体を触るときは『縦方向に触る』ことを意識しましょう。

人の神経というのは、ほとんどが縦に走っています。

そのため、縦方向に体を触ることでより気持ちよさを感じることができるのです。

実際に自分の体で縦方向になでたり、横方向になでたりしてみてください。縦方向のほうが気持ちよさを感じませんか?

女の子のおっぱいを触ったり舐めたりするときも、縦方向を意識して触ったほうが快感を得やすくなります。

具体的な触り方としては、手を軽く握るように、手のひらをドームの形にして、彼女の体に触れるか触れないかくらいの距離に手のひらを浮かせて、円を描くように指の腹を当てていきます。

とくに『スペンスの乳腺尾部』と呼ばれる『おっぱいのGスポット』を重点的に愛撫しましょう。

ここは脇の下からヨコ乳の斜め下ぐらいまで伸びている乳腺です。

 

【応用編】『いやらしいことをしている私』をイメージさせる

おっぱいはそれ自体は、あまり感じにくいものですが、『おっぱいを揉まれている私』というのを脳が感じると、すごく濡れます。

どういうことかというと、おっぱいを触られるという快感ではなく、AVを見ているように、外側から、『彼氏におっぱいを触られて喘いでいる私』を想像することで濡れるのです。

この想像をさらにかきたてるために、男性の皆さんは、おっぱいと同時にクリトリスを触ったり、女の子の足を触ったり、ほかの性感帯を同時に攻めてほしいです。

有名AV男優・しみけんさんは、愛撫をするときは三か所以上を同時に責めるそうです。

例えば、乳首を舐めている時には右手で背中をさすり、左手でクリトリスを触るのだとか。

両手、口、舌はもちろんのこと、足や声も使う場合もあるそうです。

足は女の子の足にからませてスリスリ、声は言葉責めに使うそうですよ!さすがにそこまでできたらセックスの神様のようなレベルですが、おっぱいを触りながらクリトリスをいじったり、腰をさすったりすることならできそうですよね。

裏技としては、女の子に自分の頭を持ってもらうというのも、かなり良いです。自分のおっぱいを夢中で吸う男性の頭を撫でている行為。まるで、赤ちゃんにおっぱいを吸われているような行為ですが、相手は成人男性。そこがとてもいやらしく、男性の髪を撫でることで、『いやらしい行為をしている自分』というイメージが湧き上がってくるのです。

 

乳首の舐め方

乳首を舐めるときに、齧ったりする人がいますが、喜ぶ人とそうでない人がいるので、やる前に好みを聞いてからにしましょう。

強めの刺激が好きじゃない子なのに、いきなり齧られると、「痛!!この人とのセックスは怖い」と身構えてしまいます。そうすると、リラックスできなくなり、気持ちよいどこではなくなってしまうので注意しましょう。

同様に、尖らせた舌で乳首をピンピン弾くのも好みが分かれます。

何度もセックスしていて、お互いに言いたいことを言い合えるカップルなら良いですが、相手に遠慮しがちな初対面でこれをしてしまった場合、女の子は気を遣って「感じる」と言ってしまうかもしれません。

すると、お互いに不幸な誤解が生まれてしまいます。女の子は「相手に嫌われたくない」という気持ちが強く、ウソをついてまでも「気持ちイイ」と言ってしまいがちなので、はじめてのセックスの場合は、できるだけ万人受けする触り方=痛みを感じない。

びっくりしない触り方を目指しましょう。

具体的にいうと、乳首を舐める強さは、乳首が動かない程度の力です。

男性がすべきことは、いろんな舐め方をためしながら、彼女がどの舐め方が好きなのかを探ることです。以下の舐め方を試してみましょう。

 

  1. 乳輪の外側から、舌で円を描き徐々に乳首に近づいていく
  2. 乳首の側面を撫でるように舌で舐め続ける
  3. 乳輪から乳首の先端のほうへ様々な方向から舐める
  4. 舌先を使い、乳首の先端だけ上下に舐める

 

まずはこの4つの舐め方を試し、彼女の好みを知ります。彼女が気持ちよさそうな場所が見つかったら、同じ強さを意識して舐め続けます。

たまには違う舐め方を一瞬だけ挟むと、意外性が生まれ、体がビクンと反応します。セックスしているうちに、乳首の刺激が強いのが好みだと分かれば、歯で軽く挟むのもよいでしょう。

 

さいごに

なんとなくおっぱいを揉んでみた、なんとなく乳首をつまんでみた、と言うのを繰り返しても、彼女を感じさせることができません。

おっぱいを触るとき、舐めるときには「なんとなく」をやめましょう。

性感帯を目指す、彼女にいやらしい自分をイメージさせる、彼女に快感ポイントを探らせる、など、目的をもって触ると、効果的な触り方をすることができます。

ちなみに、おっぱいは自分で揉んでも脂肪が分解されて、小さくなってしまいますが、好きな人に揉んでもらうとエストロゲンが増加し、乳腺が発達しておっぱいが大きくなるのだそう。「おっぱい大きくしてあげるよ」と今日にでも彼女をエッチに誘ってみてくださいね♪