スペインの首都マドリードは最高の女性と遊べる風俗ハブだった!?

Pretty young couple of undressed sensual woman with beautiful straight body in red lace erotic lingerie with muscular man posing indoor on dark purple background, horizontal picture

プラド美術館、コンプルテンセ大学、そして街のシンボルの熊、そうそこはスペインの首都マドリード。ここは芸術、文化が根づくだけでなくイベリア半島最大の都市として活発なナイトライフがあることでも名を馳せています。

 

ここでは最高の風俗経験をマドリードで、をテーマに海外風俗初心者の方からプロの方まで楽しめるセックスライフを解説していきたいと思います。

 

〇何でも揃うマドリードの風俗事情を検証してみた

自己主張強めの首都マドリード。あちらこちらに街のシンボル熊とMADRIDのデカデカとした看板。しかしそこはスペイン大帝国の首都であり、旧宗主国のメンバーに不法移民が大挙するハブ街。

 

それを反映するかの如くナイトライフ、つまり風俗は非常に充実したものとなっています。ここではその超充実風俗ライフを解説していくので、少しエロ目なスペイン旅行を企てている方はぜひ参考にしてみてください。

 

・マドリード風俗の女性スペックは?

まずマドリードではないものはない、と言えるくらいの風俗が揃っています。詳細は後に示しますが、まず大前提となる風俗嬢達について見ていきましょう。まずその多くはスペイン他都市と同じく移民女性がメインです。

 

2000人弱の立ちんぼがセーフティーネットとして道端で春を売るくらい立ちんぼで溢れ、その多くはナイジェリア、リベリアなどのアフリカ出身者です。それ以外にも同じラテン語から派生した言葉を話すルーマニア人もスペイン風俗には欠かせないメンツ。

 

スペインは西欧が次々に売春を非合法としている中でも合法を貫いている為、隣国フランスや中欧、ブルガリア、ロシアなどの女性が訪れては売春業に従事しています。中にはモデル級と思しき女性も少なくありませんが、やはり日本で言うような中年のはずれクジの女性が多い点も付け加えておきましょう。

 

・マドリード風俗のおすすめはセックスクラブ

正直マドリードの風俗はどれをとってもその一種独特な魅力があり選び難いのが唯一の難点でしょうか。さてここでまずマドリード風俗のオプションの一つセックスクラブについて解説していきます。

 

いわゆるお酒を嗜みながら女の子の接待を楽しみ、気分が乗ればダンシングもしくは指名をして個室でセックスというお決まりのコース。スペインの中でも比較的良質な女の子がいることでも有名です。なおクラブと言っても普通のどんちゃん騒ぎをするクラブもありますが、そこではセックスの性的接待はありません。

 

またマドリード郊外にはいわゆる長距離運転の運転手をターゲットにしている「Whisqueria」と呼ばれる、俗にいう酒場のようなスタイルのクラブがあります。なかなか日本人にとっては馴染みが薄いものですが、これらもムラムラが溜った時には指名をすることでムフフなサービスを受けることができます。

 

「Madrid Puticlub」と検索をすれば多くがヒットしますが、Club D’ Angelo 、Michelangeloなどがおすすめです。日本では見られないエクスクルージブな空間でアルコールと女の子を楽しめますが、やはりコスパは低く30分150~200€程度の出費は覚悟!

 

・クラブ以外の風俗選択肢を考察

やはりマドリードは女の子の質とサービス、安全度を考慮に入れてセックスクラブを推奨しますが、それ以外にも以下の選択肢があります。

 

・置屋

こちらもメジャースタイルの風俗で、いわゆる個室付きのヘルスですね。Presenciaと呼ばれる顔見世ショー、そして世話役の中年女性の共演がどこか懐かしくもあります。セックスクラブと比べて当たりはずれがありますが、マンションの一室がその舞台になっていることも多いので見つけにくいのが難点です。

 

・マッサージパーラー

実はこのマッサージ系列のお店もマドリード風俗の中核を担うもので、非常に多彩で独特なマッサージを施術しているところもあります。本番の裏メニューがあるところもありますが、通常は手コキのハッピーエンディングが常。エッ、と驚くレベルの女性がしばし働いていることでも知られ、セックスクラブと比べても安い50~80€/1hで心も身体もスッキリ!

 

・赤線の立ちんぼ

マドリードには流石の赤線地帯が存在しています。大きくわけるとGran via, Casa de campo,Chuecaの3つ。

 

特にGran viaのソレは充実しており、まさに色街といった様相。ただしわかりやすいアムステルダムの飾り窓とは全く異なる環境です。夕方以降になると白人~南米系まで多くの売春婦がどこからともなく現れます。以前この地区の立ちんぼとのトラブルは頻出していましたが、現在は落ち着きを取り戻しているようですが、それでもなお貴重品管理には気を配りましょう。

 

一方Casa de campoは街の西側に位置する公園で、夜になるとその光景と同化するような黒人系の立ちんぼが多く出現します。なおChuecaはいわゆるスペインの新宿二丁目でありLGBTQシーンが非常に盛んで、前者2者と比べると若干ストレート男性には面白みがないかもしれません。

 

なおGran Viaにはタイやブラジルのトランスセクシャル女性も少なくないので、見た目は女性でも生まれながらの性は男性だったというトラップも報告されているので注意!因みに立ちんぼの料金はフェラ&セックスで30~80€程度が平均的なので、コスパ重視の方にオススメ!ただし性病感染を防ぐ為にもコンドームは最初から最後まで着用しましょう。

 

・エスコートサービス

マドリードの風俗産業で特に顕著に増えてきているのがエスコートです。オフラインのエスコートエージェンシーも少なくありませんがやはりそのメインはWEB。Skyline Escorts

などがおすすめです。個人で広告を載せたり、ブログを開設して集客する女性も多いようです。

 

なおWEB上のエスコートはしばし日本のデリヘル同様の過大広告であったりバリバリ修正のパネマジをしていることもあるのでその点は注意が必要になります。セックスだけでなくデートなどの付加サービスを期待したい方にはエスコートがおすすめです。

 

〇おすすめ風俗探しは新聞とタクシー運転手からGET!

マドリードは凄まじい質と量の風俗を展開しており、BDSMに夫婦交換なども至極普通に行われている性の首都でもあります。日本人にとってもそれは大きなメリットになりますが、なにぶんその規模が大きい為、どの風俗を利用すべきか悩んでしまいます。

 

ここではネットによらない推奨風俗の見つけ方について考えていきたいと思うのでぜひこちらも参照してみてくださいね。

 

・新聞媒体がカギ

スぺインでは日本であまり見られなくなったような、ピンク広告を思わせる卑猥な名刺状のエスコート広告なども少なくありません。・

 

しかし令和になった現代でも非常にメジャーで比較的あたりが多いといわれているのが、キオスクなどで売られている新聞です。El pais ,El Periodico, El Mundoなどの新聞には、個人の求人情報から訃報のお知らせまで幅広い広告が掲載されています。その中でも目を引くのが個人またはグループで春を売っている女性の広告です。

 

特徴として挙げられるのが個人事業主の売春婦たち。個人女性のマンション、グループで借り上げているマンションの一室でプレイが可能で、立ちんぼ女性よりも安心してセックスが可能になります。

 

これらの新聞媒体ではベトナムやタイなどの東南アジア諸国の女性が多いですが、中にはウクライナなどの旧ソ連圏の女性やアフリカ系もいます。コスパも非常によく60分あたり40~60€程度なので、SMSやメールでのやり取りも問題ないという方はぜひメトロなどにあるキオスクで売られている新聞をくまなく探してみるといいでしょう。

 

・迷ったらとりあえずタクシー

これはマドリードだけに言えることではないですが、特に大都市の場合はお目当ての風俗店に移動するのも大変!そして潜りのマッサージパーラーやマンション置屋も後を絶たない為、開店閉店のスパンが短いのがスペイン風俗の特徴でもあります。

 

勿論健全な許可の元に営業している風俗店にとってポリスは大きな弊害になることはありませんが、大概その街の地理に精通したタクシー運転手は風俗に関する有益な情報を持っているので迷った時にはタクシー運転手にアドバイスを求めるのがベスト。

 

「Donde esta Puticlub/Whisqueria 」など簡単なスペイン語で会話は成り立ちますが、スペイン語はどうしてもわからん!という方は高級ホテルに宿泊し、英語に堪能なタクシー運転手を呼んでもらうといいでしょう。

 

〇まとめ

今回は包括的にマドリードの風俗事情を浅く広くご紹介してきました。実際合法的に売春ができること、そして立地、交通の便が良く、外国人観光客が多いこともあり、マドリードはタイトルにも書いてあるように風俗産業のハブになっています。

 

ポピュラーなセックスクラブに置屋の利用が日本人にとっても大きなトラブルなく楽しめる風俗と言えますが、BDSM、ゲイ、または乱交までとりあえずどんなタイプのフェチズムも満たせるほどの風俗店は揃っているので海外風俗初心者にも強くおすすめできます。

 

ただしGran Viaや夜間のCasa de Campoは決して治安がいいとは言いきれず、立ちんぼグループから強奪、暴力を受けた外国人男性(単体行動)も報告されているので、男性であっても深夜の一人歩きは推奨しないことを最後に付け加えておきましょう。